スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウンモデル コルト パイソン357マグナム4インチ

クラウンモデル 357コルトパイソン
今回は2008年の秋に買った、クラウンモデルのパイソンを紹介したいと思います。
なんでこの時期に買ったかというと、猛烈にリボルバーがほしくなったのと、模型ホビーショーに行ってきて、クラウンモデルの銃も悪くはないと感じたからです。あと値段的に安いので・・・・
一応金属製バレルも入っていますし、今は少なくなったカートリッジ式マガジンを使用しているので、雰囲気はすごくいいです!
パイソン カートリッジ
こんな感じのカートリッジです。
弾は1つのカートリッジに1発しか入らなくて、合計6発しか入りません。これを買うときは、予備カートリッジが500円くらいで売っているのでそれを買いましょう。ヽ (´ー`)┌
パイソン シリンダー1パイソンシリンダー2
左がカートリッジを入れたやつで、右が入れてないやつです。早い弾込めはできませんが、1発ずつ入れていくのでなんとなく気持ちが入ります。 ヽ( ´ー`)ノ 
まぁ当たり前といえば当たり前ですが、ちゃんとASGKの刻印も入ってます。
パイソン ASGK刻印
トリガーのちょっと上辺りにちゃんと刻印されてます。
刻印といえばなんといってもクラウンモデルのこの銃は、この刻印がしっかりしています。
パイソン 刻印
拡大してみないとちょっとわからないと思いますが、これは他社の銃よりシャープできれいな刻印だと思います。
この銃を箱から出してみて、一番最初にやってしまった馬鹿なことは、シリンダーの出し入れでしょうか?
無理やりシリンダーを押し出して、危なく買ってきた当日に不燃ごみなんてことになりそうでした。
パイソン シリンダー出し1
真ん中にあるつまみを・・・
シリンダー出し2
このように後ろに引っ張ってその後にシリンダーを反対側から押してやると簡単に出てきます。説明書をちゃんとよく読まないとだめですね・・・(^▽^笑)
グリップはそういうモデルを買ったので、握りやすい形になっています。
パイソン グリップ
それからちょっとだけ不満があるのがフロントサイトの色です。
パイソン フロントサイト
ちょっとだけオレンジ色に塗られているので、照準はつけやすいですがおもちゃ感が感じられます。( ̄~ ̄;)
最後に、この銃で一番難点があるのは撃鉄です。
パイソン 撃鉄
重い、硬いがそろっていて、連射など不可能です。┐( ̄ー ̄)┌ 
まぁそんなこんなで、一番気に入っているのはこの角度です。カートリッジとあいまって、いい感じに実銃っぽく見えるからです。
パイソン 前面
以上!コルトパイソン紹介でした。



ブロランバナー
↑最後まで見たら押していってください。

FC2 Management

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:もっくん
部活動  元写真部と野球部
血液型  AB型
趣味   野球,ガンダム(1st),鉄道,サバゲ,機械,自転車,ゲーム,イベント,(幕張メッセ限定),読書,写真など
当ブログでは随時、サバゲの仲間と対戦相手を募集しています。千葉県に近いところに住んでいる人で、一緒に戦いたい人は、このサイトのサバゲ日記の最新ページのコメントのところに名前と年齢、活動場所、メールアドレスを書き込んでください。待ってます。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。