スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H26 6-7 フォレストユニオン定例会

6月に入り、この2014年は例年に無く梅雨が頑張っているなぁ~と感じる今日この頃です。
なんて、手紙の書き出しみたいになってますが、手紙ではありません。
6月7日に行われたフォレストユニオンでの定例会の様子について書きたいと思います。
今回の記事の主目的をあえて書くとするならば、偵察報告のレポートです。
それはなぜか。7月に予定をしている身内会ではフォレストユニオンにおいて夜戦をと計画しているからです。
フォレストユニオンとはどんな感じかということを身内会の参加者にお届けするとともに、どんな場所なら自分が有利になれるかという戦略を練るために定例会に参加したわけです。
行ったことが無いフィールドなので、他の人よりも先に慣れてしまおうというチート行為でもありますが。
とりあえず写真(極少)と文章でできる限りフォレストユニオンについて伝えたいと思います。
H26 6-7 Fユニオン定例会 田んぼ
↑最初はフォレストユニオンの・・・すぐ近くというか入口です。
カエルが盛大に鳴いていたのを覚えています。


さて、今回の定例会に参加したのはチームの中では自分を含めて3人です。
ゲーム開始は10時頃でしたが、準備にも余裕を持つために8時に集合しました。
しかしながら天候が・・・
H26 6-7 Fユニオン定例会 朝 雨の中
↑はい、見事に雨です。十二分に雨です。
しかも8時ちょっとすぎなので人もほとんどいません。
そこらへんのサバゲフィールドならば定例会を中止しても全くおかしくありません。
しかしユニオンは違います。雨天決行とHPにでかでかと書いてあるからです。
と、いうわけで決行となったわけですが、さすがに人が集まらないと開催できません。ですが、9時半頃にもなるとだんだんと人が集まってきました。雨ですが。
最終的には25人前後が集まり、何とか開催ができることになりました。
とりあえず雨が降っていますので、午前中はフォレストユニオンの付属施設であるU-BOX、つまりはインドア戦をすることになりました。
10分1ゲームのフラッグ戦と殲滅戦を午前中いっぱいまで7~8ゲームほど繰り返しました。
特にこれといった記憶に残ったゲームも無いのですが・・・
まぁあえて書くとするならば自チームである黄色が負けまくっていたということぐらいでしょうか。
象徴的なゲームは、開始1分以内に終わったゲームです。
ちょっとはゲームに慣れてきた4~5ゲーム目のフラッグ戦でのこと。
ゲーム開始とともに、1階2階に別れてセオリーどおりに展開したわけですが、なぜか1階中央のみががら空きという事態に。
いや、完全に空いていたかというとそういうわけでもなんです。
ただ、中央通路は比較的撃たれやすいので開始直後ということもあってかたまたま誰も迎撃できる状態ではなかったのです。
で、そこを敵の1人が一気に突破して一気にフラッグを取られたというわけです。
自チームの人が言うには誰もフラッグを取られた瞬間を見ていないそうな。
ただ、フラッグホーンが鳴ってホーンの方向を見てみるとそこに敵がいたそうです。
ちなみに自分も何も見てませんヽ(´~`;)
記憶に残ったゲームはそれぐらいかなぁと。まぁ今回はフォレストユニオンの偵察が第1目標ですからU-BOXに関しては無いよう薄めで書きます。
ちなみにインドア戦ということで服装は警備員っぽい何かというネタ要素がある服装でしたが、午後はアウトドア戦ということでいつもどおりドイツ連邦軍の迷彩服に戻しています。
ちなみにですが、雨が降っているなら午後もインドアで・・・というわけにはいきません。
なぜなら午後からはインドアのほうに通常のお客さんの予約が入っているからです。
まぁ事前に予約していたお客さんに定例会をやるので混ぜてくださいなんて運営さんのほうも間違いなく言えないでしょうから仕方ないことです。
しかしながら、午前中で開催中止をせずに、午後もアウトドアでしっかりやるのがある意味ユニオンらしさなのかと。

で、問題の午後です。ここからが本題だと思ってください。
雨といえば電動ガンの敵といっても過言ではありません。下手すればメカボックスの中にも水や泥が入ってくる可能性もあります。
そんな時には、ガスガンが一番・・・だと思っていましたが、どうやらまだ早いようで。
ガスガンを使うには雨のせいで気温が下がりすぎているのです。
おかげでガスガンから生ガスが吹いてる気がす・・・もとい、完全に吹いてます。
ちなみに、フォレストユニオンは森の中でありながら、砦であったり等のちょっとした建屋が非常に多いのが特徴です。
一部には重機も放置してあり、意外なところにも監視塔が建っていたりしますので、それを活かせばゲームも楽しくなるのではないかと思います。
ちなみに建物は様々なものがありますが、注意しないといけないのは窓の位置です。若干高めのところに窓があったり、地面にちょっとした穴が開いていたりと建物にじっくりと腰をすえて戦うならば入る建物を選ばなければなりません。
結構塹壕やら土嚢が置いてあったりします。機関銃手が活躍しそうかと。
ちなみに塹壕はエリア51のような感じでつながってたりはしないので、長時間は使えないかなぁと。とどまって防衛するには良いかもしれませんが、逃げ道が少ないと思います。
あと、ブッシュに関してですが、ものすごく濃いとことほとんど無いに等しいところの両極端です。
しかも薄いとことから一気に濃くなるので余計見づらいと思います。
ほぼ全域が濃いブッシュというSPLASH程ではないのですが、それでも厄介ではないかと。
全体的に平らであり、開けた場所も多いのですが、人工の障害物やうねった道も多いので、どちらかというとスナイパーよりもアタッカーが活躍しそうな気がします。
見通しが悪いので、戦闘距離が比較的近いのです。
だからといってインドアみたいな戦い方をしていると即HITだと思いますが。
さてさて、実際のゲームについてです。
午後のアウトドア、つまりはフォレストユニオンに関しては両チームともに拮抗して程よいゲーム内容になったのではないかと思います。
とくにゲームバランスが崩れている様でもなかったのでそこは良かったのかと。
基本的に10分1ゲームで進行していったので、テンポ良くゲームができたのではないかと思います。
通常は20分1ゲームですが、フィールドの広さによってはこれも良いのかなぁと感じました。
ちなみに今回参加したチームメイトのお二人ですが、便宜上Type89Jとオグラさん(仮)で書きます。
そういえばせっかく少人数でしたので、3人とも特小無線機を使用して、連携をとりやすくしていました。
まずはそれが全く活かされなかったゲームから。
つまりは連携を無視した単独行動です。
特小でうんたらかんたらとか書いておきながらいきなりこの内容というのもどういうものかと自分でも思いますが、それでも一応書いておこうかと。
それはなぜか、理由は書きませんが多分後でわかります。
それは午後のゲームが始まって数ゲーム目のフラッグ戦でのことでした。
スタッフの「5秒前!43210!」という書き方が適当であるくらい、間違いなく5秒経っていないスタートコールから始まりました。
※読み方は四万三千二百十ではありませんのであしからずf(^_^; 
自分のチームはフィールドに入って奥側からスタートでした。
スタート直後になぜか仲間のほとんどが敵のフラッグに向かってほぼ一直線に移動し始めていたのです。
まぁ書いててあれですが当たり前といえば当たり前なんですよね。
迂回ルートを取る人がほとんどいなかったわけです。
で、自分一人で迂回ルートを選んでしまったわけです。
さて、その迂回ルートを進んでも進んでも敵に全く会わず。
警戒しながら進んでいたのでかなりゆっくりでしたが、開始6分で敵のフラッグ30m手前に到着
ちょっと拍子抜けしていると、目の前についに敵が見えてきました。
自分から見てフラッグとは違う方向の約30m先です。
が、しかし明らかに違う方向を向いています。
まあ自分から見て右側から銃声がかなり聞こえてますからねぇ・・・
H26 6-7 Fユニオン定例会 簡略図
↑ちなみに図にするとこんな感じです。
見方は非常に分かりづらいですが、赤丸が敵で赤で囲んである黄色がフラッグです。ちなみに青色が自分のいる位置です。黒い線と斜線は人工障害物です。緑色は濃い目のブッシュです。
さすがにフラッグ周辺ですから他にも敵がいることが想定されます。
で、ゆっくりとスコープをのぞいて照準を合わせます。
いかんせん相手はこちらに気がついていないうえに仲間の射撃によって今隠れている障害物に貼り付けにされている状況です。
もうそれはそれは、落ち着いて射撃できる状況でした。
そして後は撃つだけです。そして引き金を引きました。
きれいな弾道を描いた後、見事に命中。コールドボアショット成功です。
よしっ!と思いましたが・・・ヽ(*´∀`)ノ
気づいてもらえてない( ̄□ ̄;)
まぁなんとなくこちらに向いてはいますが、全く予想しない方向から弾が当たったので何が起こったのかわからない様子です。0.28gの雨粒が当たったと勘違いしたのかもしれません。
が、それでも戦闘を継続しようとしているので、さすがにそれでは自分も困ります。
仕方ないので、もう2~3発撃って当ててようやく気づいてもらえた様です。
ここでどこからかフラッグホーンの音が。
目の前の自分が狙っているフラッグに人影はありません。
自軍のフラッグが取られたかと思い、物陰から出て行くと・・・
スタッフ「今のフラッグが違いまーす!」
はい?
違うホーンを勘違いして押した人がいたみたいです。
堂々と撃ってくださいといわんばかりに自分は何も障害物が無いところに出てしまった自分は、ふと周りを見渡しました。
あれ?オールクリア?
はい、フラッグ10mまで来てましたが、誰も撃ってこない上に人影すら見えません。
これは・・・?
と、いうことでフラッグまでダッシュし、この定例会のルールどおり、フラッグ直前で一度停止して、堂々とフラッグホーンを鳴らしました。
ここで、ゲーム終了です。
ここまでオール単独先行でしたf(^_^; 
続いては、自分的にはある程度連携が取れていたと勝手に思っているゲームです。
またしても異常には早いカウントダウンから始まったわけですが、今度はある程度固まっていこうということである程度ショートカットしつつ敵の側面に出ることを目標としていました。
ですが、侵攻途中に正面に敵が約5名程度見えたのです。
と、いうわけですることといえば・・・逸走です。
まぁ仲間から撃たれても仕方ない行為だとは思いますが。
でも、ただの逸走ではなく戦略的撤退であり、転進です。後日談なのでなんとでも書けますが。
いったん敵の弾が届かないところまで行き、そこから戦略の立て直しを図ろうとしたわけです。
で、その戦略の立て直しの結果・・・
H26 6-7 Fユニオン定例会 簡略図その2
↑どうしてこうなった?!Σ( ̄ロ ̄lll)
はい、目の前5mに敵がいますが、全くこちらに気がついていません。
で、絶好の射撃チャンスなわけですが、微妙に狙えません。微妙なところに障害物があるからです。
で、あと50cm前に出れば狙えるので、ばれないようにゆっくりでもそれなりのスピードで敵が狙えるポイントに移動したのです。
でも、まるでこちらに気がついているような動きで本当に少しずつ敵が移動するというある意味いたちごっこな状態になっていました。
で、その障害物の真横に出ればさすがに逃げられないだろうということで真横に行くことにしました。
「雨が足音を消してくれる」これはコールオブデューティーのとある台詞ですが、今回はまさにそれでした。
むしろ足音どころか物音すらも消してくれます。
まぁいわゆるひとつの潜入にぴったりの天候ということです。
何度も書きますが、そんな日に普通はサバゲなんてやらないですけどね。
で、結局3mぐらい前に出て敵の横についたわけです。
さぁ撃とうというところで何やら複数の足音が・・・?
H26 6-7 Fユニオン定例会 簡略図その3
↑状況悪化かそれとも変わらずなのか・・・?( ̄~ ̄;)
5m前に1人いたはずの敵が3m前に4人に増えちゃってます。
しかも4人ともこちらを一回は見るのですが、なぜか全く撃ってこない・・・
本来なら敵が気づいていない状況では弾節約とか無駄の無い射撃とか、一応それなりの心遣いでセミオートで撃ったりしてるのですが、今回に限ってはそんなこと言っている場合ではありません。
セミオートで撃っている間に気がつかれて下手すると相撃ちになりかねません。
で、まぁ一番近くて3mしか距離が無いわけではありますが、極悪非道な方法をとったわけです。
フルオートでのなぎ払い撃ちです。
要は敵が一直線に横に並んでいるような状況なので、一直線に横に撃ってしまえばなんくるないさ~なわけです。
Type89Jが囮になっている間に一掃すべくばら撒いたわけで、当然その距離で落ち着いて射撃して当たらないわけも無く、後から追加できた3人は自分がHITさせたわけです。
最初からいたもう1人はというと、なぜかType89JとともにHITされていたようです。
まぁそっちはそっちで相撃ちになっていたみたいです。
後で聞いた話ですが、Type89Jは4人に集中砲火を受けて大変だったみたいです。ていうか生きた心地がしなかっただろうな・・・
はい、突然ですが、所さんの笑ってこらえてのパクリ企画、パソコンに向かってごめんなさいのコーナーです。
「自分が敵を目の前にして落ち着きすぎて、かつ観察しすぎて敵を撃つのが遅れてごめんなさい。お茶も飲めるくらい落ち着いていました。」
と、いうゲーム内容だったわけですが、残念ながら戦闘場所はフラッグから明後日の方向であり、そのまま何もできずに終了してしまいました。
オグラさん(仮)が出てこないじゃないか!という方、すいません確か当日本人曰く聞かないでくれというニュアンスの言葉があったような気がします。
H26 6-7 Fユニオン定例会 準備中1H26 6-7 Fユニオン定例会 準備中2
↑ゲームの間の準備中の様子です。この時点で装備はびしょ濡れです。
H26 6-7 Fユニオン定例会 汚い机H26 6-7 Fユニオン定例会 汚い机2
↑ちなみに机はいつも通りぐちゃぐちゃです。
さてさて、寒さをアドレナリンで抑えられなくなり、ようやく体が震えてきた頃に迎えた最終ゲームです。
これは本当に最終ゲームかと疑うようなゲームでした。一番最初のゲームというならば全く疑わなかったでしょうけどもね。
スタート地点は、他のどのゲームよりも敵に近い場所同士でした。
ちょっとした障害物もあるのでスタート地点からは敵が見えませんが、その障害物さえなければ間違いなく弾が届く位置です。
そう、最も激戦が予想できるであろう距離なわけです。
が、しかし!誰もが予想できなかった展開に!!!
と、まぁこれだけ煽っておいてあれですが、ただ単に比較的落ち着いた戦闘だっただけです。
部隊展開自体は距離が近いということもあって、ポイントとポイントで戦うような展開にはならず、横1直線に並ぶような感じになったのです。
ここで友軍から強力な支援射撃が。
あれ?なんか長いな~と思ったら430連マガジンを撃ちきったとのこと。そりゃ長いわな。ちなみに撃ったのはType89Jでした。
さてさて、そんなこともあり、敵からの射撃も盛り上がるかなぁ~とか思っていたのですが、全く弾が飛んできません。
なんかよく分からないうちに友軍がホーンを鳴らし、ゲームが終了しました。
ちなみにこのゲーム確か景気づけに無駄に弾を10発程度ばら撒いた以外に確か撃った記憶がありません。
そんなゲームでした。
最終的には戦闘服はびしょびしょで、帽子なんか洗濯して脱水しないまま取り出した直後みたいになっていました。
よくもまぁこんな状況でやったなぁと自分でも思います。
無事に全ゲーム終了したのでした。
H26 6-7 Fユニオン定例会 汚れた銃
↑かなり分かりづらいですが、使っていた銃です。泥だらけで、びしょ濡れでした。メンテナンスは必須です。


今回の定例会の総評ですが、これ以上は多分あると思いますが、それなりの最低条件のゲームだったと思います。
真冬に雨天決行してびしょ濡れで体感気温のみ冬戦争のヒストリカルゲームよりかはましでしたが、常にしずくがゴーグルの前を落ちていったり、スコープがかなりみえづらかったり、すぐ曇るのはもはやデフォルトでした。
でも、そんな状況でもある程度の連携をとってできたことは、フォレストユニオンの練習という当初の目標と共に十分収穫があったのかなぁと。
ただ、ひとつ気になったのは、さすがユニオン系の定例会ということでじゃっかんですが初心者かまだゲームに慣れてない人が多かったかと。
見事にゲームをまわしていた運営さんも見事だと思いますが、SPLASHなどの常連さんや、上級者が多い定例会に比べるとやられた感が少なかったかと。まぁフィールドにもよるんですけどね。
今度は身内会で使うわけですが、身内会には百戦錬磨のベテラン(?)もいるわけで、どういうゲーム展開になるか非常に楽しみです。
身内(チーム)への偵察報告は一文で書くと、「とっても戦いやすいフィールドだから当日をお楽しみに!」以上です。



※おまけ
今回参加した後に、せっかくだからと集まったメンバーで夕食を食べることになったのです。
ですが、フォレストユニオンの周辺は食事するところ・・・以前にコンビニすらも結構距離があるところなのです。
ぐるなび等を使ってようやく探し出したのが、「ファミリーレストラン ホワイトハウス」です。
後でわかったことなのですが、かなり近くにあるお店らしいです。
・・・で約5分程度だそうな。
まぁそんな話はともかく、ナビ役を先頭に合計3台で隊列を組んで各自特小無線で連絡を取り合いながらそのお店を目指すことになりました。
ちなみに今回のナビ役はオグラさん(仮)が担当です。
フォレストユニオンの駐車場から出発して1分ほどのことです。思い返してみればここが悪夢冒険の始まりでした。
一番最初のT字路でのことです。まぁ当然T字路ですから右か左かに行くことになります。
そこで、左へと行ったわけです。ナビ役は隊長も同然ですから指示には従わないといけません。
その隊長同然であるナビ役のナビゲーションシステムがそっちというならばそっちに行くだけです。
が、異変が起こったのは出発して3分後・・・ナビ役がいない!?
先頭を走っていたはずのナビ役が行方不明です。しばらく停車していると、なぜか後ろから来ました。
そこで、再出発。しばらくは順調に進んでいたと思いますが、
なぜかユニオンベースとヘッドショットの前の道を通り、順調にわけの分からないところに進んでいきます。
左には田んぼではなくおそらく耕作放棄地、明らかに4WDでしか来てはいけない所を3台で進みます。
道幅が車体とほぼ同じ山道を登っていた時のこと、それは自分の車両に起こりました。
自分「タイヤがはまった!?
一応無線で2人には伝えましたが、どうにかなるか・・・ヽ(´~`;)
前には進みませんでしたが、後ろになら進んだので、Dレンジでバックすると非常に危険なので、おとなしくバックレンジにいれてバックしました。こんなところでエンストなんて遠慮したいですからね。
で、2~3m後退してから再び前進すると今度は無事に通過できました。
で、またもや問題発生。
かなり狭いYの字に分かれているところに出たのですが・・・
Uターンするように曲がる必要性が出てきました。
狭すぎて、当然切り返しつつ曲がることもできません。
と、いうわけでいわゆるひとつのスイッチバックです。
全方位が狭くてかなり難所でした。というかこの日一番ひやひやした瞬間だと思います。
自分にとっては弾が飛んでくるよりも怖かったですね。
ちなみに後日この場所をよく地図で見たら、何てことない、別に無理に曲がらずまっすぐでもなんも問題なかったのでした。
そんな時もありますよねぇ・・・(*´ー`)
さぁそこを抜けたらレストランももうすぐのはず!・・・でしたがどうやらぐるなびに登録されていた住所が間違っていたらしく、全く別の場所らしいです。
今度はまともな道でいけるかなぁとか思いつつ、きちんと舗装された道路を進むこと3分、あれ?なんかこのスリーエフを朝に見た気が・・・、あれ?なんかこの看板を朝に見た気が・・・
気のせいではなく本当でした(*´ー`)
で、紆余曲折ありまして、ついについたのがファミレスホワイトハウス、ようやく飯にありつけると思ったのもつかの間、ある意味ではお決まりなんでしょうね、お店が開いてません!Σ( ̄ロ ̄lll)
どう見ても電気すらついてません。おまけにみえるのはCLOSEの文字。
お休みだったみたいです。
仕方なく酒々井駅方面へ。駅に行けば何かあるだろうと。
最終的にはガストでしたけどね。普通においしかったです。
ほぼ3分に一回は何かしらのトラブルがあるという非常に非常で非常なドライブでしたね~。楽しかったと思いたいです。






ブロランバナー
↑深夜にラジオを聴きながら書きてるとこんな記事になりました。誤字があったらすいません。クリックお願いします。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

もっくん

Author:もっくん
部活動  元写真部と野球部
血液型  AB型
趣味   野球,ガンダム(1st),鉄道,サバゲ,機械,自転車,ゲーム,イベント,(幕張メッセ限定),読書,写真など
当ブログでは随時、サバゲの仲間と対戦相手を募集しています。千葉県に近いところに住んでいる人で、一緒に戦いたい人は、このサイトのサバゲ日記の最新ページのコメントのところに名前と年齢、活動場所、メールアドレスを書き込んでください。待ってます。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。