スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H26 3-28 INFINI 春の身内会

もはや定例となってきましたこの身内会ですが、今回はメインフィールドともいえる千葉県八街市のインフィニにおいて2014春休みサバゲを開催しました。
で、今回はなぜか10時集合という遅い集合時間でして、終了も16時頃という時間的に少し短いゲームでした。
なので自分としてはもう少しやりたかった感じがあります。
でもこのインフィニは高低差があるところが多いので、疲れるといえば疲れます。
実のところこの身内会ですが、2月にも開催しておりまして、自分は仕事の都合で参加できなかったのです。
まぁその後の焼肉会には参加したんですけどね。しかもこれがどんぱちという八街のフィールドだったのでその焼肉会も八街でして・・・わざわざ仕事場に自転車を持ち込んで電車で輪行して行くという面倒なことをしてました。今考えれば何でやっちゃったのかと。
それはそうと、今回参加したのは25名程度でして、まぁ身内会にしてはそれなりの人数かなぁと。
今回のこのブログですが、予め書きます。ゲーム中の写真はありません。ちなみに写真も少なめです。
と、いうことは必然的に文章が多めなるかといえば、そうでもありません。
あんまりゲーム数もこなさなかった上に基本的にフラッグ戦しかやってないもので・・・f(^_^; 
あまり特殊なゲームをやっていないのです。
とりあずまぁ写真は撮ってきたので適当に並べていきますヽ( ´ー)ノ
h26-3-28 INFINI 1
↑ゲーム開始前の様子です。過去に製作したⅢ型盾の一部を流用して作ったⅢ型盾2号(改)です。
名前的にはとりあえず中二病っぽくすればいいかと思い適当につけました(`・ω・´)
h26-3-28 INFINI 2
↑で、何をやったかといえばコールオブデューティーのMWのライオットシールド的な使い方で遊んでます。ちなみにこの盾は軽量ながら防弾性能は高いです。
が、しかし30分程度(3分の2は接着剤の乾燥時間)で作ったためか骨組みもないので不安定です。
重量バランスも皆無ですからね・・・(*´ー`)
DSC_0229.jpg
↑今回もばっちり決まっています。ちなみにこの装備のせい(?)でニックネームはモリゾーです。マクミラン先生にならないのは大人の事情です。
h26-3-28 INFINI4
↑ゲームの開始前に見つけた不思議銃です。
ハンドガードなんて飾りです!アウターバレルさえあればいいんです、撃てます!の言葉どおりハンドガードがありません。そしてアウターバレルも通常よりも長めのサプレッサー付きです。


10時集合ということでしたが、なんだかんだで11時半頃に最初のゲームが始まったと思います。
で、特にということは無いのでとりあえず最初のゲームがどんな感じだったかを書きます。ちなみに自分の分かる範囲ですが。
この第1ゲームですが自分のことだけだと数行で終わります。なので無駄な書き伸ばし法を使って文章を増やしております。
到着していない人もいたので、10対10ぐらいに分かれてフラッグ戦が始まり、とりあえず飛び出しました。
自分はこの日のためにわざわざ流速カスタムというものを自分の銃に施してきたのです。
しかし弾が出ない・・・( ̄□ ̄;)
なぜか弾が出ません。ちなみにテスト射撃の時は快調に動いてくれていたと思います。
で、サブウェポンの電動USPもバッテリーの入れ忘れという悲惨な事態でゲームに参加できず、敵弾に当たってもないのにヒット扱いの退場です。
このゲームは聞いた話によると、圧倒的に自チームが負けたらしく、回り込まれてフラッグを守りきれずにゲーム終了したみたいです。
まぁ戦力も途中で削られて少なかったしなぁ・・・(*´ー`)
はい、気を取り直して第2ゲームです。
このゲームはとりあえず電動USPのみを使って戦うことになりました。
が、これも弾が出ません。なぜならマガジンの中で詰まってしまってるからです。
業界ではうわさのICSのバイオBB弾を間違えて使い、案の定弾上がりが最悪で、ろくに弾が送られてこなかったのです。
仕方ないですよね。ちなみにマガジンをいったん抜いて適当にマガジンを叩いたり振ったりすれば弾が上がってきます。
強制3点バーストモードになったりします。モーターは動いているんですけどねヽ(´~`;)
ハンドガンらしく機動的に・・・と書きたいところですがいざという時に弾が出ない銃では前に出られませんので、なぜかハンドガンでキャンプ(またの名前を芋スナ)をやるはめになってしまいました。
そんな感じでゲームは進んでいき、自分はというとXDM-40とガスショットガンのM870のガスガンコンビで主武装としてゲームに参加をしていました。
お昼前に、少しだけ時間が余ったので特殊といえば特殊なゲームを行いました。
その名も・・・”30秒ゲーム”
名前の通り30秒しかゲームは行いません。それで多く生き残ったチームの勝ちです。
このゲームは時間がほとんど無いので、かなり限定した狭い場所で行います。
それでいて、弾に当たりにくいような障害物がある程度ある場所で行います。
今回はインフィニのセーフティー前がちょうどいい空間だったのでそこを使いました。
おおよそ、10m×40mぐらいのところです。
こんな距離ですからスタート直後から撃ち合いです。と、いうか弾のばら撒きです。
一応セミオート限定ルールになってますのである程度はゲームとして成立するようにはなってます。
まぁ1チーム10数人が一斉に撃つわけですからあまり関係ないかもしれないんですけどね。
3,2,1、スタート!!とコールがかかった直後から6mmの弾がこちらに一斉に向かってきます。なんかもうスローモーションで見えるくらいですよ、えぇ。
それを避けるなり、シャア少佐のごとく「当たらなければどうということはない!」ということで悠然としつつ敵に向かって撃ったりします。
緊張はたったの30秒だけですので、体力の消耗もあまり無いので非常に面白いゲームだとは思います。
そしてお昼です。
お昼はいつもの500円弁当です。特にこれといったことはありません。
h26-3-28 INFINI5
↑とある試射場の風景です。インフィニの試射場は2階もあって広いので大人数で試射ができて便利です。
そして今回は、お昼休憩中にファットガンコンテストなるものを開催しました。
ファットなガンをコンテストするということで、最も重い銃を作ってきた人の勝ちです。
とりあえず余興程度と考えて自分主催で開催をしました。
H26-3-28 INFINI8
↑測定方法はこんな感じで単純に重さを量るだけです。
ハンドガン部門とライフル部門に分け、各順位と銃の種類、写真は以下の通り。
※ハンドガン部門
H26-3-28 INFINI5
1位・・・M93R+ライフルスコープ大、他 約1100g
H26-3-28 INFINI6
2位・・・デザートイーグル+ライフルスコープ小、他 約1000g
H26-3-28 INFINI7
3位・・・デザートイーグル(ノーマル)約800g
1位と2位の差はスコープの大きさの差だと思ってください。

※ライフル部門
H26-3-28 INFINI9
1位・・・M14カスタム+ライフルスコープ+ドットサイト+グレネードランチャー×3+バイクの後方確認用ミラー・・・etc 約9900g
かつて無い、重カスタム仕様のM14です。
H26-3-28 INFINI11
2位・・・ミニミ 約5500g
H26-3-28 INFINI10
3位・・・M3スーパー90マスターキー&M16(結合方法:ガムテープ)+ホロサイト 約5000g
普通のショットガンに見える?いいえ、これは銃身下部につけるマスターキーです(=^^=)


以上です。ちなみにライフル部門の1位は圧倒的過ぎてゲーム開始前に優勝は決まっていましたねf(^_^; 
各部門の優勝賞品はチオビタドリンクです。本当はそんな重い銃で24時間戦えるのか?ということで24時間戦えるリゲインを用意したかったのですが、なぜか近所でリゲインが見つからず、愛情1本チオビタドリンクとなりました。
2位と3位はジャイアイントポッキーです。本当にポッキーか?と思えるくらい大きい、個包装のポッキーです。
DSC_0280_201404062307201b8.jpg
↑カジキマグロを釣り上げたわけではありません。あしからず。
午後のゲームは谷の下にある2つの砦をスタート地点とした短距離戦や、谷同士で撃ち合うスナイパー戦など、比較的移動距離の短いゲームを中心として行いました。
最後のほうに長距離戦ということで、最も距離の遠い場所にフラッグを置き、生き返りカウント戦を行いました。
ヒットされたらフラッグ(スタート地点)に帰ってカウンターを押すだけで無限に生き返れるゲームで、カウンターの少ないチームが勝利となります。20分1ゲームというごく普通の時間ですが、特にこれといったことはありません。若干動きが少なかったり、戦闘箇所が中心のみとなり、どちらかが押しまくるという展開は無かったかと思います。
と、まぁなんだかんだで夕方になり、全ゲームが終了しました。

H26-3-28 INFINI集合写真
↑最後はお約束の集合写真です。

今回の総論としてはもうちょっとチームとしてのまとまりがあればいいかなぁと。
それから、実戦経験が少ない人も多いのでそれにあわせてゲーム内容をもうちょっと何とかできればと思います。今回のゲームはお遊び的な要素が多いゲームも多かったので若干物足りないものが自分の中ではあります。そして、実戦経験という意味では経験になりづらいゲームも多かったのではないかと。
たとえ同じゲーム内容でもデブリーフィングを行ってその勉強したことを次に生かすようなことができればもっと良くなると考えます。
今後はこの人数で定例会に参加するとかいっちゃってますので、若干定例会ジャックしかねるのではないかと心配をしております。
定例会で6~70人ぐらい集まるところなら別に大丈夫かと。でも技量的にもまだまだな面があり、チーム的にも連携が取れてるとはいいづらい状況でどうなるかですね。
まぁばらばらでもチームで参加したことには変わりないんですけどね。
せっかくなら連携をとった行動をしたいものです。
結局まだチーム名なども決まっていない状態ですのでどうなるかわかりませんがヽ( ´ー)ノ



ブロランバナー
↑何はともあれ、いつも通りクリックをお願いします<(_ _)>
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

もっくん

Author:もっくん
部活動  元写真部と野球部
血液型  AB型
趣味   野球,ガンダム(1st),鉄道,サバゲ,機械,自転車,ゲーム,イベント,(幕張メッセ限定),読書,写真など
当ブログでは随時、サバゲの仲間と対戦相手を募集しています。千葉県に近いところに住んでいる人で、一緒に戦いたい人は、このサイトのサバゲ日記の最新ページのコメントのところに名前と年齢、活動場所、メールアドレスを書き込んでください。待ってます。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。