スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 東京都(東側)ミリタリーショップめぐり

東側というと、若干共産圏のにおいがしますが、今回の記事に関しては全く関係ございません。
東京都の東側にあるミリタリーショップめぐりに役立つ記事です。
ちなみに自分は千葉県に住んでいるため、東京に行くとしたらおおよそ東側です。
この東側というのは自分が勝手につけているだけでして、皇居中心にして西側東側と分けているのです。
そして新宿、池袋、渋谷、青山あたりは西側です。
で秋葉原や上野、浅草、錦糸町あたりは東側になります。
これは意外と冷戦時代のイメージとつながっていて、西側(NATO)と東側(WTO)の環境に似ているからです。
自分が勝手に西側という渋谷や原宿はいわずと知れた若者の町です。青山だったり新宿、永田町あたりは大使館であったり国会議事堂などがあり、総じて明るい雰囲気があります。
反対に東側という秋葉原はオタクの街です。そして上野、浅草あたりは昔ながらの下町です。
つまり何が言いたいかというと、客層の違いがあるわけです。
最近は西側の人間(渋谷、原宿)が東側(秋葉原)にくることもありますが、基本的に東側の人間が西側にいくことはほとんどないと思います。
最後に、北区あたりはおそらくスイス的な中立だと思っております。まぁ・・・路線図的にですが。
何度も書きますが、勝手な分類ですけどねヽ( ´ー)ノ


さて、かなり話が脱線しましたが、とりあえず行ってきたわけです。
そしてまとめたわけです。
地図のは一番下にありますので、参考にどうぞご覧ください。
ミリタリージャンキーツアー18
とりあえず起点はいつもここから、の秋葉原駅です。
秋葉原駅周辺だけなら基本的に時計回りルートで攻略できるのですが、範囲も広く場所もバラバラなので一筆書きで回るというのは少し難しいですができないこともないのです。
と、いうわけで自分が考える一筆書きできる順番での紹介をしてまいります。
それでは、ミリタリージャンキーツアーをお考えの皆さん必読の記事をどうぞ!
ミリタリージャンキーツアー9
まずは最初の小手調べ、ラオックスのアソビットシティです。
大手のショップではあるのですが、基本的なところからある程度まできちんと揃ってますし、ここはシューティングレンジも別の階に備えています。
意外とパーツも揃ってます。
なので、まずはここという感じが自分の中で強いのです。
ですが、基本的に自分は秋葉原に来たら様々な所を回りますので、買うかどうかは別の話です。
とりあえず見てみるにはお勧めです。
ミリタリージャンキーツアー25
2番目は電気街の中心地のほうに行ったところにあるミリタリーファッションの老舗ファントムです。
お値段はともかくパッチなどの小物が充実しており、最新の迷彩服やその迷彩を使った商品が所狭しと並んでいます。
AKIBAカルチャーズZONEの中に入っているので、他の趣味で入る人にも気軽に入れると思います。
ミリタリージャンキーツアー7
次はヨドバシAkibaの横を抜けまして昭和通りにあるウィリーピートです。
ちなみにここは3回目に来て初めて入れたお店です。
なぜなら入る場所がわかりにくかったから・・・(´ヘ`;)
それぐらい目立たない場所にあるお店です。
赤丸のところから入ってエレベーターで昇ると入れます。
装備品の品揃えがいい店で、特にブラックホークのホルスターの品揃えや値段は地域一番だと思います。
ミリタリージャンキーツアー15
ウィリーピートと同じとおりにあるのがこのスーパーラジコン、略してスーラジです。
ここの特徴はなんといってもカスタムパーツの多さです。
ラジコンの名前がつくからにはラジコン系のパーツが多いのですが、エアガン系のパーツも結構揃ってます。
ちなみに自分が思うにここで内部カスタムパーツが揃わなかったら他に行っても期待ができない。と思うくらいパーツに関しては揃っているお店です。
本体は・・・まぁ並といえば並かと。カスタムパーツに関しては優秀です。
最近売場が3階に移りまして少し広くなりました。
秋葉原 ゲロバナナ 外観秋葉原 ゲロバナナ 入口
(1月31日追加)
なんていいますか・・・男の趣味が詰まったお店です。
基本的にはトレーニングウェポン略してトレポンがメインのお店です。
間違いなくデートで行って軽い気持ちで入るような店ではないと思います。
まぁ男だらけならいいんでないかとも思いますけどね。
入り口は分かりにくいですが、横にある小さな入り口があったらそれです。
ミリタリージャンキーツアー23
秋葉原の中心地に戻って続くは密林(ジャングル)というお店です。
エアガンなどの取り扱いは小規模で、基本的に中古商品の取り扱いです。
ちなみい密林の大阪店はかなり品揃えが優秀だと思います。それに比べるとちょっと物足りないかなぁとは思います。
ミリタリージャンキーツアー13
コアなファンは知ってる少しはずれにあるサンコーです。
ちなみに同じ秋葉原にあるレアモノショップサンコーと間違われることも多いお店だと勝手に解釈しております。
取り扱いはモデルガンであったり、結構手広く扱っております。
おすすめは外装カスタムパーツです。外装カスタムパーツの多さに関しては優秀です。
基本的に店内はそんなに広くないためか長物のというよりかはハンドガンの取り扱いが多かったと思います。
カスタムパーツも同様です。
ミリタリージャンキーツアー19ミリタリージャンキーツアー20
そんなサンコーよりも秋葉原のはずれにあるのがこのお店、ホビーショップ大雄です。
一見して何かの事務所か営業所にも思える外観ですが普通の小売店です。
中はそんなに広くないものの、モデルガン、エアガン問わず相当量の展示があります。
基本的には中古品の取り扱いですが、ここの特徴はなんといってもその中古品です。
何でこんなものがここにあるの!?という驚きにも似た感想が出てくるはずです。
意外なものがここにはあるのですw(°o°)w
典型的な一期一会のものばかり取り扱いをしており、お金を積んでも手に入らないというものも中にはあります。
メーカーでの製造中止品も数多くとり揃っています。
そして、ジャンクパーツの品数も自分が見てきた中では一番の量です。
本当にジャンクなパーツもありますが、腕があれば使える物も多いのです。
そういう意味では古いのもあるし、ジャンクパーツもというので玄人向けのお店かもしれません。
ですが、ある程度自分で銃を整備できる人ならばお値段的にもお手頃なのも揃ってますのでおすすめです。
ちなみに秋葉原の中心街から離れているためかエチゴヤと違って落ち着いて選んで買い物ができます。
つまりはお客さんが少なめなのです。
ですから、秋葉原へお越しの際はぜひぜひこの大雄にお立ち寄りください。きっと何かあると思います。
ミリタリージャンキーツアー12ミリタリージャンキーツアー11
ここら辺でようやく疲れが出てくると思いますが、まだまだ行きますよ~!
今度はサイドアームズというお店です。
入り口に看板がありますので、ビルの中でも比較的分かりやすいかと。
カスタムパーツであったり、本体であったりと、満遍なくそろっています。
この辺でそろそろ一筆書きは無茶(無理やりやれば可能)だという風になってきますので、以下の4つのお店はひとつだと思ってください。
ミリタリージャンキーツアー2
ミリタリージャンキーツアー3ミリタリージャンキーツアー1
今度はなんだかんだで有名、秋葉原に進出してまだ年数も経っていないものの十二分に中核店という顔のガンスミスバトンです。
ちなみにこの写真は開店時のものです。
基本的な品揃えは中華(中国(香港と本土)や台湾)のものです。
チューニングメニューは結構豊富で、分かりやすかったりします。
シューティングレンジも使え、たまにイベントなんかやったりしています。
ミリタリージャンキーツアー24
今度の2つは同じビルの中なのですが・・・
まずはタムタム秋葉原店です。
模型業界最大のチェーン店ということもあり、店舗面積は結構あります。
肝心のエアガンのほうはというと、まぁまぁ基本的なところは取り揃えております。
同じタムタムだったら千葉店のほうがエアガンの売場面積比率が高いのですが、そこは気にしないでください。
でもそれなりに広く、それなりのお値段です。
ちなみにタムタムで一番のオススメはなぜかオリジナルバッテリーコネクタです。安い上にいろいろと自作する時に何でも使えます。
ミリタリージャンキーツアー8
タムタム秋葉原店の上の7階、S&Grafです。
おおよそ中田商店と似たような感じで、実物からレプリカの装備品、迷彩服がそろっています。
ミリタリージャンキーツアー6ミリタリージャンキーツアー5
7階なので入口からの眺めが結構良かったりします。
ミリタリージャンキーツアー10
そして皆さんおなじみエチゴヤです。
土日は店内が常に満員電車のような感じですが、品揃えは広く浅くというところでしょうか。
サバゲ初心者には良いのではないかと。それなりのお値段でそれなりのものがそろっております。
品揃えは多いほうかと。
ミリタリージャンキーツアー14
今度は中央通りを上野方面に向かいまして途中の黒門交番手前を左に曲がりまして、見えてくるのがシカゴレジメンタルスです。
この高級そうなたたずまいで・・・結構入りにくかったりします。
実際に販売している商品も自分が普段買っているものの一桁や二桁ぐらい上だったりする高級店なんですけどね。
日本には珍しい無可動実銃の販売店です。
大量の無可動実銃がディスプレイされており、一度は見る価値があるのではないかと。
実銃用スコープであればそんなに高くないものもあります。
無可動実銃なので森の中で振り回したりなんてことはできませんが、家のディスプレイにもいいのかと。
ちなみにいくら無可動といっても錆びる時がありますので自分でメンテナンスが必須です。
ミリタリージャンキーツアー16
ようやくこのツアーも終盤に近づいてきまして、上野アメ横へと到着です。
まずはこちら、ファースト東京アメ横店です。
売場面積も文句なしで、基本的なものから、ちょっとコアなものまでそろう総合ショップです。
年間を通していろいろなセールをやっているのも特徴のひとつかと。
ミリタリージャンキーツアー22
そして、アメ横といえば意外な人まで知っている、中田商店です。
最初に行くのは御徒町店です。
御徒町店はアメ横店に比べるとコアなものもあるという品揃えです。
ミリタリージャンキーツアー21
その次はアメ横店です。
アメ横店は対照的に街中でも使えるような観光客向け軍装品を扱っています。
ミリタリージャンキーツアー17
最後になりますが、知っている人は知っている、アメ横の中の中にあります、マルゴーです。
ちなみにこのマルゴーですが、本店と他2店舗あり、それぞれ扱っているものが違います。
まぁ本店のほうは結構総合的に扱っていますが。
でもその他専門的店舗は取扱量、種類ともに一見の価値ありです。



こんな感じで秋葉原、上野周辺のミリタリーショップ巡りは終了・・・といいたいところですが、実はもう1店舗紹介するべきとことがあります。
地図には一応書いてあるのですが、見て分かるとおり若干他のお店より離れております。
と、いうわけでおおとりはGMTことガンモール東京です。
ちなみにここの写真はありません。
海外製品の取り扱いがメインですが、国内のものも取り扱いがあります。
1階2階と売場がありまして、それなりの広さがあります。
都営地下鉄蔵前駅が最寄り駅ですが、都営が使いにくい人は浅草橋駅からも歩いていけます。



今度こそ終了です。
まぁやっぱり聖地だけあって様々なお店があります。
どのお店もやはり特色がでており、自分の趣味にあったお店を見つけていくことも趣味を大事にする上で必要なことですよね。



ブロランバナー
↑それはそれとして1クリック(元ネタ:神谷バー)、終了後に浅草なんていかがでしょう?


より大きな地図で 秋葉原・上野周辺 ミリタリーショップMAP を表示
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

もっくん

Author:もっくん
部活動  元写真部と野球部
血液型  AB型
趣味   野球,ガンダム(1st),鉄道,サバゲ,機械,自転車,ゲーム,イベント,(幕張メッセ限定),読書,写真など
当ブログでは随時、サバゲの仲間と対戦相手を募集しています。千葉県に近いところに住んでいる人で、一緒に戦いたい人は、このサイトのサバゲ日記の最新ページのコメントのところに名前と年齢、活動場所、メールアドレスを書き込んでください。待ってます。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。