スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H25 11-9 22時間エリア51身内会

誰が言ったか、「嫌になるほどサバゲがしたい」この一言。
自分も思った、「嫌になるほどサバゲがしたい」この考え。
この思惑が合致したときに参加するための申し込みをいつの間にかしているのが24時間耐久ゲーム。
そんなコンセプトで開催されるのはおなじみ千葉県のサバイバルゲームフィールドSPLASHかBB-JUNGLEでの24時間耐久サバゲですけどね。
さて、そんな話はさておき今回は千葉県は佐原にありますエリア51にて仲間内だけの(?)サバゲ大会を開催してきたのでその様子をレポート。
ちなみに更新が遅いのは毎度のことなので気にしないようにお願いしますm(_ _)m
今回は通常通り昼間だけ・・・ではなく丸一日借り切ってのサバゲとなりました。
本家本元の24時間耐久サバゲとは違い、途中に休憩を挟みつつのまったりと進行しておりました。
ちなみに昼だけ参加、夜だけ参加、ぶっ通し参加の3種類があります。
自分はもちろん、こんなのを書くぐらいですからぶっ通し参加でございます。途中2~3時間ぐらい寝ましたが。
まぁ翌日お仕事という結構ハードなスケジュールで来てましたので致し方ないということで。
主催者は、実際自分には不明です。ぜひ名乗り出てください。
仕切っていたのはM喜です。自分はその補助という形ですかね。
ゲームで使う小電力無線機の貸出、保守管理やその他の雑務をしておりましたので、今回の大会運営において自分は裏方役だと思っていただければ差し支えないかと。
と、まぁ基本的なことはこんなところです。
とりあえず今回は写真多めで文少なめです。その理由は写真の量が異常だから。
ゲームに参加した方は振り返っていただいて、参加していなくてこの記事を見ている方はこんなゲーム運営もあるんだということで見ていただければと思います。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ1
さっそく朝の集合から。
朝は9時集合ということでしたが・・・開門していない!Σ( ̄ロ ̄lll)
みんなで車を並べて集合です。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ2
そしてなぜかみんなでエンジンを見るという不思議な光景です(*´ー`)
そして開門です。
ようやく準備を始めます。
ここで、先程仲間内だけの(?)のところで?がついた理由の説明です。
自分は運営補助で名簿の名前を見ていたりしていたのである程度覚えていますが、ばらばらなところから来ているもので全員が全員を知っているわけではないのです。
なので、あまり知られていませんが基本理念は「名前なんて後々、遊べば友達さ!」です。
めっさ某住宅支援機構のパクリですが。
サバゲの定例会なんかもそんな感じで行われているところもありますしね。
参加者合計10人ちょっとでやった時なんかはまさにそれです。
ちなみに今回参加者は昼参加のみが20人ちょっと、夜のみ5人、通しが人と、まぁまぁいろんな人がいろんなところに話をしてくれたおかげで結構集まっています。
そんなこんなで準備も終わり、なんちゃって開会式とルール説明も終わって全員で体操です。
まぁ・・・けがをしないことは重要ですからねヽ( ´ー)ノ
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ5
様々な人がいるということは、様々な銃があります。
と、いうわけで適当に並べました。
手前からRPK(?)、スカー、ドラグノフです。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ3H25 11-9 エリア5124時間サバゲ4
ちなみにこんな銃も。
はい、自分がいつもやってるグリップバイポットではなく本当にただのバイポットでやってます。
右の写真は一番長くした状態の写真です。用途は・・・不明ですヽ(´~`;)
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ6H25 11-9 エリア5124時間サバゲ7
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ8
そしてひたすら準備。

最初はウォーミングアップということで適当かつ不公平にチーム決めしてスタートです。
初心者も多かったので、とりあえず慣らしということでまったりやっていきます。
ちなみにお約束といえばお約束の、「初心者の方は手を上げてください」の問いには24時間耐久にも参加した人が手を上げたりしちゃってましたけどね。
ちなみに今回の自分のメインウェポンは新しく買ったばかりの東京マルイM870です。
ガスショットガンなので突撃はできるかといえば微妙ですがヽ( ´ー)ノ
とりあえず午前中記憶に残ったゲームを1つだけ書いていきます。
午前中唯一と書いてもいいほど正面でぶつかり合ったゲームでした。
午前中最後のフラッグ戦だったと思いますが、面と面の戦いでありもちろん数人は回り込んだりしていましたが主戦力同士がぶつかり合った戦闘だったと思います。
まだまだ最初ということで相手が見えるけども弾が届かないような距離からスタートしました。
もちろんスタート直後に突撃すれば相手の射程圏内ですぐに撃たれます。
なのでスタート直後は両チーム・・・かどうかは不明ですがとりあえず自チーム(確か黄色)は比較的前面に対してはゆっくりしたスタートでした。
面と面との戦いですので、基本的には膠着状態になります。
そこで重要なのは、誰かが援護を受けて安全に前に出るか、無理でない突撃をすることです。
それか、一番やり方として派手ではないのは一人ずつ削っていく方法です。
その方法だとこちらも削られる可能性が大きいんですけどね。
で、今回黄色チームがとった戦法は・・・一人ずつ削って方法です。
とはいっても援護しつつ前に進む戦法との組み合わせではあるんですけどね。
基本的には障害物を利用したり、塹壕を利用してすっころんだり・・・(°m°;)
はい、自分です。正確に書くと、塹壕を登るための足が上がらなかっただけです。
年でしょうか。
こんな感じで前半はあちらが主導権を握っていたような気がしますが、後半見事に取り返して、誰かがフラッグゲットした模様です。
ちなみに今回は特定小電力無線機(通称:特小)をプラスチックの箱に入れたやつをフラッグホーンとして使っており、自分の持っている特小とも周波数を合わせて使って、自分は動くスピーカーとなってました、
と、いうわけで無線機からフラッグゲットの音声が聞こえてきたので終了です。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ55
そして早くもお昼タイムです。
ここで毎度おなじみ(?)M喜先生による野外クッキングのお時間です。
と、まぁ書いているのもあれなんでみんなでお昼タイムです。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ9
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ10H25 11-9 エリア5124時間サバゲ11
こんな感じで和気あいあいと食べておりました。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ12
↑こちらはお昼休憩中の写真です。
なぜかパーツを取り外しております。
こんなこと以外にもお昼休憩の時は、意外と入り組んでいるエリア51の外周を大人数で1周するというツアーをやったりなど今後のゲームが円滑に進むようなことをしていました。
で、午後のゲームです。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ13H25 11-9 エリア5124時間サバゲ14
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ15
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ56
午後のゲームの休憩中はこんな感じです。
とりあえずいろいろなことを試していくという意味があるのが午後のゲームでした。
そういえばと後悔しているのですが今回のゲームで自分が戦場カメラマンとして参加したのは1ゲームだけでした。
もうちょっと戦場カメラマンとして入るべきでしたね・・・
と、いうわけで写真は少なめで、写っている人もむらがあります。
写ってない人、ごめんなさい(シ_ _)シ
その貴重な1ゲームはこちらです。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ16H25 11-9 エリア5124時間サバゲ17
↑ゲーム前の集合写真みたいなものです。
まだ始まっていないのに構えてもらったりしていました。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ19
↑列を作っちゃってます(^◇^ ;)
もう1点後悔があるとすれば、最初は画角が広いからと暗いF3.5のレンズで行ったことでしょうか。
F3.5固定でしたが、ぶれている写真が結構多かったです。
途中からF1.8の明るい短焦点レンズになってますので分かる人は分かるのではないかと。
以下、適当に並べます。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ18H25 11-9 エリア5124時間サバゲ20
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ21H25 11-9 エリア5124時間サバゲ22
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ23H25 11-9 エリア5124時間サバゲ24
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ25H25 11-9 エリア5124時間サバゲ26
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ27H25 11-9 エリア5124時間サバゲ28
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ31
本当に適当な並べ方だと思いますf(^_^; 
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ30H25 11-9 エリア5124時間サバゲ29
↑今回のゲームのためにロシアから来日したというスナイパー(?)です。今回取材に成功し、貴重な写真となっております(冗談)
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ32H25 11-9 エリア5124時間サバゲ33
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ34H25 11-9 エリア5124時間サバゲ35
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ36
はい、もちろんあります、セーフティーDEトーク。
まぁたいした内容は話してないと思いますが。
基本は芋(大栄愛娘)を焼いたりしてます。
そして、また戦場へと戻ります。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ37H25 11-9 エリア5124時間サバゲ38
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ39
↑フィールド内は16時ぐらいだったので結構暗かったですね。緊張して楽しかったと思いますが。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ41
↑はい、クイズです。どこに隠れているでしょうか?
マーカーもあるので分かりやすいとは思いますが、結構分かりにくい偽装となってます。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ40
白黒写真にしたら若干分かりやすいのではないかと。
・・・逆に分かりにくいですかね。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ42
17時にもなると完全に暗くなってきます。
昼間(といっても真っ暗ですが)の最終ゲームは2人1組を採用したバトルロワイヤル方式のゲームです。
じゃんけんで決めた適当な人とペアになり、これまたじゃんけんで決めた適当な順番で出発し、最後の人がスタートと叫びながら出発したら開始です。
基本的には通常のバトルロワイヤル方式と同じなのですが、違うところは2人1組であり、そのどちらかがヒットになったらもう片方もヒット扱いになるということです。
つまりは仲間を守りつつ戦闘を進行させていかなければならないのです。
今回自分と組んだのはロシアからの・・・もとい、R・アツです。
とはいっても今回は誰と組んでもほぼ同じ結果だったと思いますが。
おおよそ15組程度いる中8番程度で出発したのですが、とりあえず数が減るまで待機ということだったのですが・・・
皆さんその戦法だったようで、なかなかゲームは動きません。
まぁフィールドも広かったのでばらけ過ぎて会わなかったというのもあるとは思いますが。
なぜかT中(仮)が一人でスタートして始まったわけですが、散発的に銃声は聞こえてはきます。
ですが、本当に散発的過ぎて本格的な戦闘には発展していないのです。
そのうち2~3組がヒットされたようで、前を通って行きました。
このゲームですが、ライトがないとほとんど前は見えません。それぐらい暗いのです。
まだ昼間のゲームということでサイリウムも装備しておりません。
そのせいでしょうかねぇほとんど動かなかったのは。
20分1ゲームだったのでとりあえず10分は定点で待っていたのですが、あんまりにも動きがないので、とりあえずもう5分追加です。
ここで、あまりにも暇だったので何をしていたか・・・
はい、自分は寝てました。
木に背を預けて、まだ12時間以上もあるんだなぁ・・・と思いつつ寝てました。
おかげで残り何分という声も聞こえず、いつの間にか1分前となり動き出すかと動いたわけですが、ときすでに遅し、あっという間にゲーム終了です。
と、いうわけでほとんど動かなかったわけです。
フィールド内にはいたものの、ゲームに参加していたかどうかというと不明です。
こんな感じでさすがに昼間のゲームとは言えず、時間も時間ということで昼間のゲームが終了しました。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ 集合写真2
↑まだ明るい時間に撮影した集合写真です。
ちなみに昼間の参加者はおそらくこれで全員だったと思います。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ 集合写真1
↑別バージョンもあります。ネタで撮った写真です。
真ん中にいるのは参加したすべてのフィールドで捕虜になってるという(?)のでもはや恒例となっております。
山梨のAGITO出張サバゲの時もフィールドのブログに載ったチームごとの写真もこんな感じでした。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ43
↑昼の部のみ参加の方の帰宅風景です。
夜の部のみ参加の人も加えつつ夜の部です。
夜の部はサバゲという中での敵との戦いというよりかは寒さとの戦いでした。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ48H25 11-9 エリア5124時間サバゲ49
と、いうわけで休憩中は様々な方法で暖をとっていました。
ちなみに写真にあるヒートガンの親玉みたいなのは灯油で強烈な温風を出す灯油ヒーターです。
やっぱり暖かいとは思いますが、一方向しか暖まらないのが難点です。
基本的には屋内使用が前提だと思いますが(*´ー`)
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ44
↑もうひとつの暖をとる方法がありまして、こちらは屋外専用です。
いわずと知れた単純な方法ですが、管理がしっかりとしていればかなり暖かいです。
常に新しい炭を入れなければならないなど面倒ですが、ぐるりと囲んで会話もできます。

肝心のサバゲのほうですが、もちろんやってます。
サイリウムを赤と黄色の両方用意したので、それを装備品につけます。
基本的には肩章等です。
これがなければ一切見えないんですよね。
仲間との識別もできません。
ですが、これは欠点があり遠くからでもなんとなく見えるというものです。
なんとなくですけどね。
なのでその欠点は考えないことにします。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ46H25 11-9 エリア5124時間サバゲ45
↑フィールドの中はこんな感じでした。
マニュアル露出であわせて撮りましたのでほぼ同じ暗さです。
右側の写真は内臓ポップアップストロボをフル発光させて撮った写真です。
ほとんど前が見えません。
しかも夜の部はほとんど明かりのない一番奥のフィールドのみの予約でゲームをしていたので少しの音でも過敏に反応してしまいます。
途中のゲームでフラッグ移動のため一番奥の真っ暗のところにフラッグを1人で取りに行ったT中(仮)いわく、
「誰もいないとわかってても銃のグリップから手が離せなかった。」
だそうな。
風で草木が動いただけでも緊張してしまいます。特に1人だと。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ47
↑あまり明かりは無い様に見えますが、セーフティーは安心できる明かりのある場所でした。
そんな夜のゲームで記憶に残ったゲームといえば、お互いに騙し合いをしたゲームです。
基本的なルールはフラッグ戦で、そこに追加ルールをしたゲームです。
スパイゲーム・・・だと誤解しやすいので忍者ゲームとでもしましょうか。
チームの中で1人だけサイリウムを取り外して行動します。
なのでよほどのことがなければ見えませんし、ライトでも当てられない限り気がつきにくいのです。
ハンデとしてエアコキの長物をメインウェポンとするというのもあります。
このサイリウムなしの人がいかに隠密に行動するかというのももちろん重要ですが、チームの仲間もいかに助けて行動させてやるかも重要になってきます。
そこでサイリウムありの自分がとった行動は、思いっきり目立つというもの。
夜間工事のときのLEDが点滅するベストはさすがに着てはいないのですが、ライトを常につけっぱなしとか、大声を出して目立ってみるということです。
そうすれば余計な物音に気がついたり、何か動いたと不審に思うことも少なくなるからです。
まぁ・・・夜間戦にはあるまじき行為だったと思いますが。
あとはベトナムでのアメリカ軍のように、何か動いたらとりあえず仲間でなければ撃ってみるということもしてましたね。
ゲーム開始とともに敵陣地へと向かったわけですが、いつもだったら気にするはずの自分の足音もまったく気にせずにずんずんと進軍をしておりました。
ぱきぱき木の枝が割れる音をしたりとさぞかし騒がしい進軍だったと思います。
とある十字路のようなところに来た時です。
そこも堂々と通り抜けようとすると横から、銃声ですΣ(ノ°▽°)
後で撃った本人も言っていましたがわずかにタイミングが早かったようで約1m先に着弾しました。
ここで、十字路の向こう側に行くには何とかしなければなりません。
ちなみにこちらの分隊は自分を含めて3人で行動していました。
サイリウムなしの人も最初は一緒に行動でしたがいつの間にか行方不明です。
まぁ仲間からも見えないだけでどこかにいるんですけどね。
さて、どうしたものかと。
とりあえず様子を見るために第1作戦、プランAです。
通常は小声で言うはずの自軍の作戦を大声で叫ぶという大失態(?)なことをやります。
自分「いいか!自分が突撃するから援護してくれ!行くぞ~!3・2・1・0!
と、まぁもちろんこんなこと言っておいて突撃する気など全くありません。
仲間の援護射撃も形だけです。
もちろん全員がわかって援護射撃しているのであまり撃ってはいませんでしたが、敵側からの射撃はちゃんとありました。
もう一度同じことをやったもののさすがに今度は敵も騙されず。
この間に行ってしまえばよかったと思いますが。
敵側が1人とわかったものの、2度も思いっきり叫んだので敵の増援が来てしまいました。
あれだけ叫んでいればさすがに来ますよね。
ここでプランBです。
とはいってもここで通常戦闘をするだけですけどねヽ( ´ー)ノ
数では3人と十分な戦力がありますのでまぁまぁ押せないこともないはずです。
場所的にもこちらのほうが隠れるには都合のいいところばかりですし。
基本的には自分が敵にライトを当てて射撃しにくいような環境を作り、仲間が撃つというような流れです。
そこで増援に来た1人をヒットさせたものの、横にいる人はまだ残っています。
さて、どうしたものかと悩んでいる間にフラッグゲットの無線が入りました。
自チームのサイリウムなしの人がこちらで騒がしくどんぱちやっている間にどうやら回り込んでフラッグを取ったみたいです。
自分的にはついサイリウムなしの人のことを忘れて、障害物に隠れて見えないもののフラッグは50mほど先にあったので自分で取りに行く気でいました。
なにはともあれゲーム終了です。
ここで、横から撃っていた人の話を聞くと衝撃の事実がΣ( ̄ロ ̄lll)
どうやら途中で弾切れをおこしていたみたいで、空撃ちだけで足止めをさせていたみたいです。
着弾を確認せずに銃声だけで撃っていると勘違いした自分たちも悪いとは思いますが。
と、いうわけでこっちも相手を騙していたわけですが、相手もこちらを騙していたわけです。
まさに騙しあいのゲームでした。
夜の部はその他にも(大統領が)熊対熊の大統領選だったりその他のフラッグ戦などをしてあっという間に日の出近くになってきました。
ここでようやく最後のゲームです。
最後のゲームは最後らしく制限時間20分の無限生き返り戦で、相手陣地をフラッグタッチで生き返りができなくなるレベルまで攻め込んだチームの勝ちです。
つまりはゲームが成り立たなくなるまで攻め込むというルールとなります。
24時間耐久のブロークンアローみたいなものです。
自分はというと無限生き返り戦なくせして1回もやられずに終わってしまったというのが感想です。
3m横を敵が歩いているという状況で敵陣地向かって尺取虫のようなほふく前進をしつつ、他の敵に気がつかれないような射撃位置ならば敵を撃ちつつ進んでいました。
が、そんなゲームも当然終わりを迎えるわけでして、最後は敵にフラッグを取られたみたいです。
ちなみに最後の1秒ぐらいで自分は5m横の敵に向かって撃とうかと銃を向けていたのです。
ゲーム終了の音が聞こえてきたので射撃中止ということで結局は撃ちませんでしたが。
敵チームのM喜の話によると、一番後ろにいたはずのスナイパーがいつの間にか最前線にいて、残り2分で特攻を仕掛けて守備戦力を破り、残り1分でフラッグ周辺を確保したそうな。
ここで全ゲームが終了。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ52
↑新佐原変電所も明るくなってきていました。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ50H25 11-9 エリア5124時間サバゲ51
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ53
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ57
↑撤収中の写真です。
H25 11-9 エリア5124時間サバゲ54
↑今回の芋(大栄愛娘)提供のM喜です。10kg買い込んで、余ったので最後までいた人たちに配っていました。


と、まぁこんなところで今回のゲームはお開きとなったわけですが、同い年だらけでしたので普段の定例会よりも色々試せて楽しい会となったのではないかと思います。
自分が楽しかったという感想とは別に、初心者が楽しめたかどうか実際自分は不安ではあります。
どうせならば初心者のための仲間内ゲームとか、熟練者がどんな風な戦い方をするのかを教えていけるようなゲームメイクが今後はできるといいかなと。
こういうことは1回で終わらず、どんどん季節ごと、または年2回でもいいので開催していけたらより完成度が高くなっていくと思います。
最終的には2つに分けずに全員でする動きができるような感じで練習して、どこかの定例会に10人以上のチームとして参加できればいいのではないかなぁと思います。
当分のところは楽しさ重視の仲間内でのサバゲ会がいいかなと思いますけどね。
やっぱりフィールドにもよりますが定例会のほうが上手な人がたくさんいますからね。
M喜がなにやらまた計画しているみたいなのでそのときにまた何かできたらと考えています。
自分も今後この会が縮小することなく続いていくよう、努力をしていきたいと考えていますので自分やM喜以外にもどうぞ定例会の参加を誘ったりなどどうぞご自由に。
何かあったらLINEかM喜まで。
最後のは押し付けですが、自分としてはただの参加者の1人としか考えておりませんので。
そんな何もない参加者の1人が何かやってもいいと思いますよ(=^^=)



ブロランバナー
↑これをよーく狙ってクリックしたら射撃の命中率が上がるのではないかと一部で噂になってます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

もっくん

Author:もっくん
部活動  元写真部と野球部
血液型  AB型
趣味   野球,ガンダム(1st),鉄道,サバゲ,機械,自転車,ゲーム,イベント,(幕張メッセ限定),読書,写真など
当ブログでは随時、サバゲの仲間と対戦相手を募集しています。千葉県に近いところに住んでいる人で、一緒に戦いたい人は、このサイトのサバゲ日記の最新ページのコメントのところに名前と年齢、活動場所、メールアドレスを書き込んでください。待ってます。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。