スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H25 8-14 INFINI身内会

サバゲとは油そばのようなもの。
もういいやと思っていても、翌日になったらやりたくなること。
もう年も年だから油っぽいものは胃にくるなぁとか考えていても、なぜか翌日には食べたくなってます。


と、まぁラーメンと油そばをこよなく愛する自分の戯言はさておいて、今回はINFINIにおいてまたまた身内会が開かれましたので行って来ました。
今回も身内会はスタッフとその知り合いだけが参加できる無料のサバゲでございます。
今回は前回よりも参加者が多く、20名強の参加者が集まりました。
まぁゲーム内容を含めて自由な感じは前回同様ですが・・・f(^_^; 
どのくらい自由かというと、↓のようなAKをふざけて作るぐらい自由です。
H25-8 INFINI身内ゲーム1
ちなみにみんなの装備を少しずつ足して作ってます。
89式小銃の2脚で若干RPKっぽくしてます。
で、レシーライフルのロングアウターバレルと超大型サプレッサーを使って長くすることに成功(?)しております。
ちなみに弾速はほとんど変わりません。インナーバレルを伸ばしているわけではないので。
ですが、弾道は大きく変わります。あり得ないほどに!Σ( ̄ロ ̄lll)
言葉で表現すると、発射直後から左斜め45度上に飛んでいき、その後右に進路を変えつつ山なりに落ちて最終弾着地点は右斜め30度あたりの地点です。
つまりは左に行ったはずが右に落ちているという良く分からない弾道でございます。
H25-8 INFINI身内ゲーム2H25-8 INFINI身内ゲーム42
ちなみにゲーム前の格好はこんな感じで準備をしています。
この日の気温は35度程度て暑く、休憩中は基本基本的に半袖でした。
・・・はい、そろそろ実際のゲームの話を書きます。
とりあえず記憶に残ったゲームを書いていきます。
例のごとく遅れてくる人もいたので、まずは15人程度でのゲームでした。
人数も人数なので、とりあえずウォーミングアップ程度に奥にある狭いところ(約100m×約60~70m)のみを使っての20分間のフラッグ戦です。
奥にあるフィールドは基本的に森と砦で構成されており、野外のゲームの慣らしゲームとしてはまずまずのところです。
よし、久しぶりのゲームだし張り切っていこうかと考えていたところでスタート。
まずは7対8でチーム戦術もへったくれもなく適当に散開し、自分もとりあえずブッシュ(草むら)の中に隠れます。
隠れつつ前進したところで、前方からガスハンドガンの音とともに弾が飛んできました。
ちなみに自分の今回の装備はレシーライフル(スコープ装備)とXDM-40です。
まだまだ距離もありそうでしたので、とりあえず索敵をしたものの発見されたままですのでだんだんと敵の弾が正確にこっちを狙ってきます。
さすがにこのままはまずいといったん10mほど後退し、とりあえず弾の出所を探すことにしました。
が、見事に隠れて見えない!( ̄Д ̄;)
この時点で自分から見て左側の仲間が敵方向に向かって前進をし優勢を保っていると判断したので、騒がしい左側ではなく右側の脇から自分も前進をすることにしました。
もちろん、ゆっくりとです( ̄ー ̄)
敵が左側の仲間に注目していることを願って進んでみたものの・・・
はい、あえなくHITですヽ(´~`;)
良く見てみると仲間の前進はとうに後退に変わっている上に、自分が進んでいた右端は敵の6割程度はいるのではないかと思うくらい固まってまして、1人で突き進んでいては突破不可能なほどにしっかりと防御されていました。
ま、まぁ、とりあえず1戦目ですしねヽ( ´ー)ノ
その裏のゲームでは、今度は速攻で前線作りを狙っていこうかと開幕ダッシュをしたのです(※スナイパー装備で)
「ヒット!!」
開幕ダッシュのおかげで敵からヒットをと・・・られました。ヒットコール叫んだのは相手チームではなく自分です。
1番先頭を走っていってましたからね。それは撃たれるのも当然ということで。
1発も撃たないままセーフティーエリアに戻ることになりました(´Д`)
奥のフィールドですので戦っている姿は見えず、銃声だけが聞こえる”はず”でした。
つまりは銃声が全く聞こえてきません( ̄~ ̄;)??
ここでひとつ、全員が消音装備ばっちりの銃を使ってんじゃないのとか思わないでください。誰もそんなのいませんから。
残り5分になるもほとんどゲームが動いている音が聞こえず。
残り1分・・・聞こえない(_´Д`)
残り30秒・・・ようやく聞こえました、しかも盛大にw(°o°)w
で終了。残り30秒で決着がつくなら最初から30秒限定限定ゲームをやっていますので、当然決着はつきませんでした。
両チームともに防衛に入りすぎて最初のほうにやられた数人の時を除いてほとんど戦闘は行われておらず
ウォーミングアップですからこのくらいで・・・って動いてないのは考え物ですが。
ここで遅れていた方も到着し、ここから全員そろってのゲームが行われました。
基本的にこの日は20分間のフラッグ戦がメインであり、暑いので休憩を多めに取りつつ進行していく形で行われました。
そうしてなんゲームかこなしていく間に、午前最後のゲームです。
午前最後のゲームは、せっかくの身内で自由なゲームができるということでバトルロワイヤル形式でのゲームでした。
各個人マーカー無しで迷彩の能力をフル活用することが勝負の分け目のひとつとなるかもしれないのがこのゲーム内容ですが、まぁあまり関係なかったみたいです。
とりあえずルールですが、フィールド開放から5分後にスタートします。5分以内に各自自由なところに隠れたりして5分経ったら強制スタートです。
もちろんチームを組んでもよし、最後に裏切るのもよしで最後の1人になればいいが時間制限20分というのが主なルールです。
それぞれ適当にフィールド内に散らばって、さぁスタートということになったのですが、自分が選らんだのは1人での定位置狙撃です。
ちなみにバトルロワイヤルでは残りの人数が少なくなるまではとりあえずこの戦法が有利なのはいうまでもありません。
このインフィニのフィールド内にはいくつかの狙撃ポイントがあるのを自分は見つけており、広く見渡せるのに、ほとんどは見つからない場所があるのでそれを利用します。
つまりは一方的な攻撃ができる可能性のある場所がいくつかあるということです。
ゲームの内容のほうですが、まずはチームを組んだ人たちが人数に任せて移動をします。まぁ全員が動かなかったらゲームにならないんですけどね。
で、まずはチーム対チームであったり、動き出している個人対チームで開始2分で早々にも戦闘がが激化します。
自分はというと、自分の射程範囲内と射撃可能な角度に来たら確実に1発でしとめ、場所がばれないように努力をしておりました。
連射をすれば確実にばれますからね。つまりは移動しないといけないわけですが・・・
自分は一方的に撃てる可能性がある代わりにすぐには移動できない場所にいたのです。
見つかったら最後、弾があたらないことを祈ってひたすら反撃するしかありません。
しかもかなり急な斜面に木に足を引っ掛けて何とか体制を保っているのですから足もしびれてきます。
しかし足を踏み外したらゆっくりと斜面をずり落ちていきます。とはいっても2m程でけがもしない程度のところですが。
どこかのチームが目の前30mに来たら絶好の狙い目です。
とりあえず1人ずつつぶしていきました。
そんなこんなで残り3分頃、ゆ~くりと自分に背を向けて5m程度前を横切っている人が。
まぁこんなところに人がいるとは思わなかったんでしょうね。そんな場所ですから。
もちろん電動ガンでフルオートで撃ってももルール上かまいませんが、あまりほめられた行為ではありません。
と、いうわけでハンドガンの出番となります( ̄ー ̄)
ゆ~っくりと警戒しつつも来ている人の無警戒な背に向けて1発だけ撃ちこめばそれで終了です。
5mの距離でゆ~っくり動くマンターゲットを外すほうが難しい話です。
で、残り1分にも同じような行動をとっていたので、全く同じ方法でGETをとりました。
のこり1分なので動いても良かったのですが、まぁ19分も同じ姿勢をとっていたので足がしびれてまともに動けなかったというのが動かなかった理由ですf(^_^; 
終了の合図がなったのでセーフティーに帰ってみると、20人近くいたのが自分を含めて4人になっていました。
とりあえず優勝者は無しという事で終了です。
そういえばこのゲームでは実に興味深いことが起こりました。
それは、チームを組んでいた人は全滅したり結局1人になってしまった、ということです。
意外にもチームを組んでいたほうが危険だということが分かりました。
ちなみに動いていないからと、いうわけでもないのです。
個人でもフィールド中を回っていた人もいましたが、それでも生き残っています。
結局のところ目立つから狙われやすいのでしょうかねぇ・・・不明です。
さてさて、午前のゲームも終わりお昼タイムです。
ここでM喜先生による飯盒クッキングタ~イム!!
で、本日のお昼はというと・・・
H25-8 INFINI身内ゲーム3H25-8 INFINI身内ゲーム4
はい、なんだか分かりますでしょうか。もちろんお分かりですよね。パスタです。
いつも、M喜に対して「このパスタ野郎、砂漠でパスタでも作ってろ」とか言ってますが、本気で砂漠だろうと飯盒でパスタを食うのではないかと思っておりますヽ(´~`;)
もちろんご飯を炊いてカレーライスってこともできるようです。
他様々な飯盒レシピを知っております。まぁそれは追々ということで。
ちなみに今回はタラコクリームを買ってきて簡単なタラコスパゲティでございます。
その他何に見えるかは・・・ご想像にお任せします(*´ー`)
この日は涼しいとされる森林でゲームをしておりましたが、それでも気温34~5度はございました。
つまりは・・・暑い!!( ̄Д ̄;)
H25-8 INFINI身内ゲーム41
と、いうわけではるばるロシアから来たセルゲイ・ニコチェフさん、ではなくR・アツからアイス差し入れです。
近くのセブンイレブンまで休憩中に行ってきたついでにだそうな。
ありがたく頂戴しましました。
ちなみに本人からのニックネーム希望は”アツ”なのですが、勝手にR(RUSSIA)を入れてます。
H25-8 INFINI身内ゲーム6H25-8 INFINI身内ゲーム5
↑その後の休憩のひと時です。
続いては午後のゲームのひとつですが、分かりにくいので毎度恒例INFINI衛星画像を使って説明します。
H25-8 身内会衛星画像
非常に分かりづらいと思いますが、赤丸が赤チームスタート地点、黄丸が黄チームスタート地点です。
各丸から伸びている線が予想侵攻ルートです。
ちなみに今回自分のチームは黄色です。
で、ゲームの内容ですが、スタート直後に自分は大回りをすることを決定。
がしかしあまりにも大回りしても無意味なので地図で見ると真ん中のルートで行くことに。
大回りといいつつも、結構な人数(チームの4分の1)が大回りルートを選択。
まぁ赤チームのフラッグ地点は狭い丘の上にあり、挟撃か奇襲でも仕掛けない限り落とせません。
そうして、スタート直後のダッシュで何とか敵からすぐには攻撃されない場所まで着き、奇襲攻撃を仕掛けることとなりました。
が、しかし・・・見るからに堅い、堅いだろあれ!?
赤チームの結構な人数が防衛に回っておりました。
つまりは人数がいればいるほど周囲の警戒が強くなるわけで、奇襲は不可能です。
で、挟撃は・・・若干難しいかと。そうです。むしろまともなルートで行った方が圧倒的に攻略は難しいのです。
相手に隠れるところはあっても自分に隠れるところが異常に少ない状況になるルートですから。
でもこの状況は挟撃しか選択肢はありません。
なぜなら、すでに大回りルートの一部が見つかったからです。
その一部というのが自分なのですが・・・(°m°;)
移動するときに斜面を横切りながら移動していたのでブッシュがあまりにも揺れていたためか、発見されてしまいました。
で、それなりの距離だったので撃ってきてもそんなに脅威ではなかったのですが、フルオートで何秒間も連続射撃をされました。
さすがに、点ではなく面制圧をされたらお手上げです。かなり濃いブッシュに隠れていたのですが、あえなくHIT・・・(°◇°;)
で、肝心のゲームはというと、大回り組は何度も奇襲をかけたり、正面組とタイミングを会わせて挟撃したりと様々なことをやっており、丘を駆け上って接近戦をしたりなど残り1秒まで手に汗握る展開でしたが、ついには陥落せず。
時間制限によりゲーム終了です。
その他午後は物資輸送戦などが行われ、その際に自分は戦場カメラマンをしておりました。
カメラマンということでスタッフ用ベストを借りて目立つようにしていましたが、撃たれたりもしました。
ちなみに撮影中に2回程度死んでおります。ヽ( ´ー)ノ
カメラにも当たってしまいましたが、当たったのはボディでレンズは無事でした。
そのようなことも予想できたので一応カメラはわずか4,000円で買ったニコンのコンデジです。
そんなかんじで頑張って撮影した写真なのですが、数も多いので適当に並べます。
気分次第でコメントもつけますが。
H25-8 INFINI身内ゲーム16H25-8 INFINI身内ゲーム14
↑輸送戦表のゲーム開始直前の様子です。
H25-8 INFINI身内ゲーム15
↑そしてこのゲームの輸送役であり、デザートイーグルで勇猛果敢に戦おうとしているR・ナツです。
以下、表のゲーム戦闘中の写真です。
H25-8 INFINI身内ゲーム17H25-8 INFINI身内ゲーム18
H25-8 INFINI身内ゲーム19H25-8 INFINI身内ゲーム20
H25-8 INFINI身内ゲーム21H25-8 INFINI身内ゲーム22
H25-8 INFINI身内ゲーム23H25-8 INFINI身内ゲーム25
H25-8 INFINI身内ゲーム24
ちなみに↑の座って楽にしている画像ですが、ある道を警戒中だそうな。全く警戒中に見えないというある意味新しい防御方法です。
H25-8 INFINI身内ゲーム26H25-8 INFINI身内ゲーム27
H25-8 INFINI身内ゲーム28H25-8 INFINI身内ゲーム29
H25-8 INFINI身内ゲーム30H25-8 INFINI身内ゲーム31
H25-8 INFINI身内ゲーム32
いったん休憩を挟みます
H25-8 INFINI身内ゲーム12H25-8 INFINI身内ゲーム11
そして、裏のゲームです。
H25-8 INFINI身内ゲーム35
ちなみにこれは作戦会議中らしいです。
フィールドマネージャーと隊長がなんだか怪しげな会話を交わしておりました。
戦場カメラマンである自分が世界に発信すべしと取材を試みましたが・・・
悪の隊長(M喜)に脅され取材を断念。命からがら逃げて相手チームの取材に・・・うそです。ちなみに中身は意外にもちゃんと入ってます。
表向きは医療用物資の輸送とされていますが実は危険物質とされる透明な液体、ではなくただの井戸水が入っております。
しかしながら、これは水が満載されているのではなく絶妙に少ないのでバランスがものすごく悪いです。
ちゃっぷんちゃぷんと音をたてるのです。
H25-8 INFINI身内会 00
今回運ぶのは天才ジョッキー武豊(タケユタカ)・・・ではなくゆたです。
一方反対のチームはこんな感じです。
H25-8 INFINI身内ゲーム13H25-8 INFINI身内ゲーム33
H25-8 INFINI身内ゲーム43
↑題名は「悪の7レンジャー!一人はメガホンとタイマーか片手に闘います。」一応SIGP226も持っているみたいですが。
そして一応ゲームの中身は↓のような感じです。
H25-8 INFINI身内ゲーム36H25-8 INFINI身内ゲーム37
H25-8 INFINI身内ゲーム39H25-8 INFINI身内ゲーム40
そして、牢獄DEトークならぬ、セーフティーDEトークです(=^^=)
H25-8 INFINI身内ゲーム38
思いっきり休んでます。ちなみに現在ゲーム中。
T中(仮)(手前)はタイムキーパーをしております。
そんなこんなで最後のほうのゲームはじゃんけん選抜です。
いや、チームを分けるときにグーチームとパーチームで人数比無視の1回勝負でチームを作るだけなんですけどね。
つまりは19対1なんてこともあります。
が、しかし今回はそうならなかったようです
時間の都合で帰った人もいましたので少し減りましたが、おおよそ10対5ぐらいだったと思います。
フラッグ戦だったわけですが、なぜかここで少人数チームが勝利(´Д`)
まぁフラッグをとられて終わったのですがこれにはわけがあります。
なぜなら両チームでルールの誤認があったからです。
多人数チームは殲滅戦、少人数チームはフラッグ戦だと思っていたのです。
ちなみにまたまたスタッフM喜のルール伝達の不足があったからです。
つまりはフラッグを誰も守っていなかったので簡単に取れたみたいです。
さて、もう1ゲーム。ウサギ狩りです。
3人だけウサギを募集し、残りはハンターです。
もちろんハンター役はセミオート限定、ウサギ役はフルオートが可能です。
このゲーム、見事にウサギにしてやられました。Σ(ノ°▽°)ノ
十二分に警戒していたと思いきや、ハンター側チーム警戒網に穴があり(見落とし)、捜索中にチーム全員が3人に囲まれる事態となり、壊滅してしまいました\\(゜ロ\\)Ξ(//ロ゜)//
最後は1対1で何とかハンター側が勝ったものの、とても褒められたものではありません。
見事にトライアングルの中に入れられてしまったのです。
このゲームで学んだことは、慢心せず、しっかりと自分の目で確かめたところ意外は通らないということです。
さっきチームの誰かが撃たれなかったから今度は大丈夫ということはないのです。
警戒して損はありませんからね。
そして最後は砦対砦ゲームです。
インフィニの谷のところにある最短距離15m前後の砦の中同士から撃ち合います。
ルールは砦から出ないこと、砦から出ないのであれば1階2階の往復は自由、フルオートでは距離が近く自分の腕に関係なく相手をヒットできるので自分の腕が出るセミオート戦。ということが主なルールです。
このゲームの基本戦術は、広く狙える位置取りを取ること。でも1点に隠れれば全部から狙われないこと、そして一番重要なのはタクトレの基本を実践すること。
これさえ守っていれば基本的に撃たれることはありません。
ちなみに相手に対して斜めに壁があるところも少しオススメです。
それから、兆弾がないよう後ろが広く開いているところにいるというのも重要なことですね。
ちなみに最終的には5対6程度だったと思いますが、基本どおりやれば自分ひとりで3人ゲット。
忘れていましたが、このようなあまり動かないような戦闘では、誰かがやられたところに入るのは危険です。
つまりは狙われているということ。確かにいい場所かもしれませんが、それでもやられたところは危険です。
実際のゲームはというと、距離も近いので開始直後から即撃ち合い開始です。
が、しかしここでひとつ問題が・・・ヽ(´~`;)
前回のウサギ狩りゲームからそのまんまこのゲームに移行したため、弾が少ないのです。
しかもこういうときに限って多弾マグを忘れてノマグ2本とガスガンのノマグ2本というノマグ編成です。
ちなみにゲーム開始当初は補給率65%程度。非常に微妙な数値です。節約すれば戦えます。
しかしながら、距離も近いので撃っていると、30発ほどで長物1本目が終了。
「ローディン!!」
と叫んでも誰もわかってくれませんし援護もありません。ちなみにこれ有名な映画のブラックホークダウンの台詞です。
で、一人むなしくマグテェンジと。
撃たれては隠れて、狙われては撃ち返し、頑張っていましたが、5m右にいた仲間がヒット。
「メディーック!」と(自分が)いうものの、即死亡なので残念ながら手遅れ。
ですが、相手も確実に数を減らしているはずです。
こんな最中に、一つの疑問が。
最初は確か5分でゲーム終了と言われてましたが、明らかに5分経っても終わらない・・・
つまりは自動的に殲滅戦に移行していました。
まぁ誰も時間を数えてませんでしたしね。
弾もついには長物が弾切れ・・・( ̄△ ̄;)
仕方なくガスハンドガンで闘います。
今までは頭が出ていたら5~6発は撃っていましたが、ガスハンドガンは多くても2本で50発。
そんなことできません。
ちなみに周りの仲間はみんな銃の種類が違うので最後のマガジンを大切に使うからともらうことはできません。
とりあえず隠れず撃たなければ仲間が狙われることになり危険です。
弾が目の前の板にどんどん当たる中、とりあえず撃ちます。
頭を出してよく狙って少ない弾数で当てられるよう頑張ります。
でそんなゲームも終わりが来るわけで、最後は自チーム4人対相手チーム1人の状況です。
しかしながら残りはこのインフィニのフィールドマネージャーです。
が、しかし飛び出ていたところを自分がガスハンドガンで25m射撃で狙い打つぜ!で見事に1ショット1キル。
で本日のゲームは終了しました。
そういえば、このスタッフ身内会は毎回無料でフィールドを使わせてもらっているのですが、その代わりにすることもあります。
H25-8 INFINI身内ゲーム8H25-8 INFINI身内ゲーム9
↑みたいにお掃除だったりとか・・・とはいっても、とてもフィールド使用料に見合わないくらい簡単なものなんですけどね。
H25-8 INFINI身内ゲーム7
ちなみにインフィニのセーフティーにはカブトムシもいるくらい自然豊かです。
H25-8 INFINI身内ゲーム 集合写真
最後はお約束の集合写真です。ちなみに途中で帰ってしまった方は申し訳ないのですが入ってません。
次回からはお昼休みにでも撮りましょうかねぇ


こんな感じでインフィニ夏の身内ゲームが終わりました。
今見てみると文章が異常に長かったと思いますが・・・
見づらくてすいません。そして、M喜の低スペックPCでは4~5秒フリーズするのではと思えるぐらい画像使用してすいません
とりあえずもうひとつ、山梨県にありますAGITOの定例会にも行ってきましたのでそっちも後1週間以内に書きます。
とはいってもそちらは写真が少なめです。そして肝心のサバゲ記事も少な目かもしれません。ご了承ください。






ブロランバナー
↑何がなんだか分からなくても大丈夫ですのでクリックお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

AKが完全にRPKになるのを期待してる


あと、俺のハンドガンでP226Rでござる
プロフィール

もっくん

Author:もっくん
部活動  元写真部と野球部
血液型  AB型
趣味   野球,ガンダム(1st),鉄道,サバゲ,機械,自転車,ゲーム,イベント,(幕張メッセ限定),読書,写真など
当ブログでは随時、サバゲの仲間と対戦相手を募集しています。千葉県に近いところに住んでいる人で、一緒に戦いたい人は、このサイトのサバゲ日記の最新ページのコメントのところに名前と年齢、活動場所、メールアドレスを書き込んでください。待ってます。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。