スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マルイ 電動ハンドガン USP

電動USP 全体図
おおよそ1年と2ヶ月ぶりにこの記事を更新します。
いや~まぁなんて久しぶりなのでしょうか(*´ー`)
前々からかってはいたのですが怠惰で書いていなかったというUSPです。
東京マルイの電動ハンドガンシリーズとしては最新作(2008年1月21日発売)の銃です。
あれ、ちょうど4年と4日経ってんじゃねえかというツッコミは無しで。
最新作は最新作です。今後もしばらくは最新作のままでいると思います。
電ハンシリーズ第3弾のこれはM93R、G18Cとは違って本来実銃には連射機能はついていないUSPに連射機能をつけたというものです。
あくまで電動ガンとしてフィールドでの使いやすさを求めた結果だと思います。
しかしまたなんでUSPなのかは自分はわかってません。
しかしながらUSPを自分は買ってしまいました。
まぁ細かいことは気にしないということでヽ( ´ー)ノ
ちなみに、ゲームフィールドで使うハンドガンでは何がいいと聞かれたら間違いなく自分は電ハンシリーズをお勧めします。冬でも使える上に(バッテリー状態による)連射も難なく可能です。
サバゲで使うハンドガンならば自分は電ハンシリーズです(=^^=)
しかしながら・・・欠点といいましょうか利点といいましょうか・・・( ̄~ ̄;)
電ハンシリーズはスライドが一切動きませんので撃っていて楽しいかは人によります。
が、しかしサバゲに使うのならば撃っていて楽しいとつい無駄弾を撃ってしまいがちなのでサバゲにはこっちのほうが向いているかなと自分は思います。
ブローバックしないので反動も限りなくゼロですしね。狙いやすいです( ̄ー ̄)
つまりは、電ハンはアウトドアフィールドならばガスガンよりもお勧めということです。
あれ?アウトドア限定?しかも広いフィールド限定?
理由は後ほど書きます。それでは紹介ですヽ( ´ー)ノ
電動USP 箱
箱です。銀色の箱にUSPがあるというシンプルなものです。
中身は説明書などいつもどおりです。
電動USP セレクター1
次にこいつの一番の特徴として、USPなのに連射ができます。
USPは本来単射専用ですが、連射機能がついてます。
しかしながら、過去にもフルオートUSPがあったみたいです。
触れたことがないので良くわかりませんが、タニオ・コバまたはマルゼンあたりからあったかどうかでは定かではないですがあったようです。
もしかしたら組み込み式のカスタムか何かなのかもしれませんが、自分にはわかりません。
当時は引き金でフルオートとセミオートを分けていたとか。なんだかステアーみたいですね。
さて、話は戻りますが東京マルイの電動USPは本来ならばセーフティーの場所に追加でフルオートセレクターを組み込んだ形になっています。ちなみに上の写真がセーフティーポジションです。
電動USP セレクター3電動USP セレクター2
そして左がセミオート、右がフルオートになります。
フルオートの時には30という数字が出てきます。これは電動USPのノーマルマガジンの装弾数です。
電動USP 右面
反対側はこうなっています。セレクターは動きません。
ちなみに赤いシールは弾速測定のときの合格シールです。面倒臭くてはがしてません。
電動USP マガジンキャッチ
マガジンキャッチは左右どちらからでも対応のアンビタイプとなっています。
最近流行のCQBでも左右入れ替えて銃を持つことがありますが安心仕様となっています。
しかし、グリップが、少々太めなので手が小さい人には手をずらさないとマガジンキャッチを押せないかもしれません。まぁ慣れですよ、慣れ。そこらへんは練習次第で何とかなると思います(*´ー`)
このマガジンキャッチは押したらマガジンの重さのおかげもあってかストンと綺麗に落っこちてきてくれます。
逆にフィールドでそれが困ったりしたこともあるぐらいです・・・(°m°;)
電動USP グリップ
グリップは梨地で後ろのチェッカリングは深いくらいに入っていて、余計に滑らないようにできています。
ちなみに下のほうについているのはランヤード用のリングです。こいつのランヤード側を引っ掛けて使います。ランヤードをつけていたほうが、自分的には安心です。あと少しですが気分も盛り上がりますw(°o°)w
電動USP マガジン部
マガジンを入れるところです。まぁなんていいますか、割り箸マガジンでございますよ。
ちなみにこのシールをはがすとモーター調節用のねじが見えます。
電ハンはどうしてもスペースが少ないですから割り箸マガジンは仕方ありません。
と、いうかこのサイズでこのクオリティだからまぁあきらめないといけないと思います(´Д`)
電動USP マガジン1
さて、こいつが今回電動USPに使われているマガジンです。
もちろんG18C、M93Rには使えません。
30発入ります。連射仕様ですので弾が入ったままのタクティカルリロードをすれば1発だけ弾が落ちてきます。
余った弾抜きはUSPに付属のローダーアダプターが便利ですが、ローダーアダプターという割には入れるときはあまり役に立ちません。なぜなら入れるときにアダプターの中で1発余ってしまい、マガジンの中に入れることができないからです。
ですので、アダプターは弾抜き専用として自分は使ってます。家にあれば失くしにくいですしね。
電動USP マガジン2
ちなみに厚さを測りましたら、約1cmでした。
薄いです。さすが割り箸!Σ( ̄□ ̄;)
電動USP マガジン3
で、なぜかその割り箸を持ってます。
最初についてきていた1本をゲーム中に失くしてしまい、タムタムで2本だけ購入したあとになぜかヤフオクで2本追加購入してしまいました。
なぜか買ったときはノーマルマガジンにはまるというおかしな症状を発祥してましたΣ(ノ°▽°)ノ
ノーマルマガジンのほうが携帯性もよくていいんですけどね。残念ながら30発しか撃てません。
電動USP マガジン4
そういう悩みを解消してくれるのがこれです、そう100連マガジンでございます
ノーマルマガジン3本と3分の1本分という大容量でゲームのときも安心です。
長さ的にいえば23cmです。
ニッケル水素なのにおまけで7,2Vですから連射速度はそれほど速くないので結構持ちます。
しかし欠点は、見てわかるとおり長いうえに形が半ば無線機みたいな形をしているということです。
こいつは微妙な細さなのでゲーム中に失くしてしまいそうなことが幾度かありました。
持ち運びには細心の注意が必要みたいです。
それかこれのみで戦うかというところでしょうかヽ(´~`;)
ちなみに自分の持ち運び方法は無線機みたいな形をしているので無線機ホルダーに入れて携帯しています。
電動USP 前から
お次は前からです。金色の真鍮製バレルが覗きます。
角ばったフレームはヘタリアに出てくるドイツそのもの。
電動USP 斜め2電動USP 斜め1
斜め前からです。ちなみにこの2枚はどちらかを先頭の写真にしようかと思いましたが、なんとなく先頭は今の写真となりました。まぁどっちもどっちですからねf(^_^; 
全体が写っている左の写真がぶれていたというのも理由のひとつです。
電動USP 後ろから
後ろからです。ホワイトドットが入っていて照準がつけやすいです。
このホワイトドットはどうやら上塗りではなく穴の中に塗料が入っているので色が落ちにくいです。
長く使っていく上では結構重要なことですからね。
ちなみに引き金を引いてもこのハンマーは動きません。
ちなみにこのハンマーを手動で引いたままスライドをあけるとHOP調整などができます。
電動USP 内部
こいつがスライドを取っ払ったところです。
点を頼りにしてHOPを調節します。
HOP調節ダイヤルの左にあるのがバッテリー取り外しレバーです。
これを手前に引くとバッテリーがまるで薬莢が排出されるように飛び出していきます(°д°;;)
ちなみにバッテリーをつけるときは反対側から押し込むだけという楽々設計です(°▽°;)
電動USP バッテリー1
続いてバッテリーですが、こいつが結構な曲者ですヽ(´~`;)
「冬も夏も安定した性能」と、マルイのサイトに書いてありますが・・・ダウト~!!
正確に書くと、ニッケル水素のせいでダウトです。
冬なんかまともに動きやしません(;-_-;)
酷い時なんか相手に銃を向けて引き金を引いた瞬間に情けない音を出しますからね。
USP「ギュゥ・・・・・・・・・」
自分「(;° ロ°) !!」
あのときの絶望感といったら・・・(*´ー`)
いったん戦線から後退してバッテリーを出して、手のひらで暖めて何とかぎりぎり撃てるかという状態です。
撃てたとしても・・・
USP「キュウゥゥポン!」
みたいな感じで一応飛んではいくものの引き金を引いてからのタイムラグがひどいです。
ちなみに夏は多少はましですが若干のタイムラグがあります。
そう、これが冒頭で書いたアウトドアフィールドでのみオススメな理由です。
少しの差を争うインドアフィールドではタイムラグのせいで撃ち負ける可能性があります。
しかも、秒間17発ってなんだ17発って(°◇°;)
かなりバッテリーを暖めた数値だと思います( ̄~ ̄;)
普通に使っていれば17発はいきません。充電直後の暖まっている状態なら話は別ですが。
日光の元にさらしておくとかホッカイロのうえにおいておくとか・・・
じゃなきゃこんな数値は出ません。そうか、Lipoバッテリーをつかったんか!
そうすればこの数字が出ます。冬も関係なく使えます。
Lipoにすればタイムラグが少なくなるということでインドアでも使えて冬でも使えて万々歳です。
電動USP lipo1
と、いうわけで買ってしまいましたよ。Lipoバッテリー。
モケイパドックでバッテリーが2,300円、アダプターが1,800円でした。
電動USP バッテリー2
この2つのバッテリーはどうすればいいねんなヽ(´~`;)
1つはUSPを買ったときに同時に買ったやつでもうひとつは去年の10月に買い足したやつです。
ちなみに書いてある番号は識別用の番号です。
1番が最初に買ったやつで、2番が買い足したやつです。
まぁ、あわせて使っていくのがいいのでしょうかね。間違いなく夏専用バッテリーです。
冬はLipo限定で。
電動USP lipo2
Lipoバッテリーは右の純正バッテリーよりも短いのに容量は大きいというまさにLipoバッテリーというようなバッテリーです。
とりあえず交換するとこんな感じになるようです。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=3i5EjCJSL6w
まぁなんていうか・・・圧倒的じゃないかLipoは!!
ちなみにLipoバッテリーを買うなら自分はモケイパドックで買いましたが、ガンスミスバトンがLipoに関してはオススメです。
何らかのつながりがあるのか値段も安いですし、種類も豊富です。アダプターも豊富なので、どうせ買うならこちらがお勧めです。
http://www.gunsmithbaton.com/
↑バトンのHPです。
※追記:
どうやらあのファーストも同じような価格のようです。
一部商品ではわずかに安いものもありますが、一部商品では高いものもあります。
まぁ購買者の自由ということで、そこらへんはご自由にお買い求めください。



さて、ここからは多少おふざけが入ります。
電動USP 20mmレイル
これはUSPに同梱していた20mmレイルアダプターです。
これがあればライトなどが取り付けられます。
しかしながら、一部のホルスターには納まらなくなります。
電動USP+GP
で、ふざけたのがここからです。
ハンドガンにバイポットをつけるなんて・・・ヽ( ´ー)ノ
しかもグリップバイポット。多少は射撃の安定性が増します。
狙撃をするときにもばっちり!ですw(°o°)w
電動USP 20mmレイル追加
そしてお次は・・・ん?何だこれ?と思った人も少なくないはず。
これは電動ガン/エアーライフル共用ハイマウントベースを逆さにくっつけたものです。
かなり強引ですがf(^_^; 
電動USP ハチャメチャGP追加
そうして最終形態はやはりグリップバイポッド( ̄ー ̄)
一言で感想を述べますと、構えずらい、です(´Д`)
なんていうか持ちにくいただそれだけです。実際のゲームでやることは200%ありませんのであしからず。
ただ、こんな敵が襲ってくるのもなんかやだなぁと思います。


と、いうわけで電動USPはこんな感じです。
恐ろしく長い記事になってしまったと思いますが・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
今回から撮影キットを導入しまして、楽しい撮影会だったのでつい写真が多くなってしまいました。
なぜ5,56mm弾が転がっているのかという質問は無しでお願いします。そこにあるからあるのです。40S&Wが用意できなかったのでこうなりました。
記事の一部では多少けなすようなこと書いていましたが、銃本体の性能としては文句のつけようがありません。マルイ品質の電動ガンです。
バレルが短くても30mで当てるのが余裕なくらい集弾性はいいですし1発1発がきちっとまっすぐ素直に飛んでいってくれます。
とにかく、バッテリーをLipoにすればどのサバゲでオススメできる電動ガンですよ。
ちなみに撮影キットを使った写真はいかがでしたでしょうか?
いつもどおりのSDカードを対比にした写真も一応用意してみたので見比べてみてください。
電動USP いつもの撮り方電動USP 全体図
写真のサイズが違うのはカメラが違うからです。
今後は撮影キットを使っての撮影をできるだけしていきたいと思います。
まぁいつもどおりの方がいいなと思ったいつものやつで。








ブロランバナー
↑長文読破お疲れ様です。押すと弾が敵の方向へ飛んでいくという噂が・・・
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

リポバッテリーは安全?

リポバッテリーは誤ると発火すると聞きますが安全ですか?

あと相互リンクしませんか?

Re: リポバッテリーは安全?

>ボーさん
返信が遅れてすいません。コメントありがとうございます。
相互リンクの件了解しました。そちらのリンク貼っておきます。

リポバッテリーの件ですが、あくまで異常な使い方だとか、販売者が意図しない使い方をしたりすると中のバランスが崩れてしまいバッテリーが使えなくなるということはあります。
ですが、発火するということは実験レベルの行為(強く地面に何回も叩きつける、火をつける、長時間強い日光にさらす等)をしなければ発火することはまずないと思います。その他に充電器の人為的ミスがありますが、そこらへんは専用充電器を使うか、マルチ充電器でも確認を怠らないようにすれば問題なく使えます。
一言でまとめますと、「誤らなければ安全」です。
銃の使い方と一緒です。不必要に銃口を人に向けなかったり引き金に触れないようにするなど、事故防止を徹底すれば、リポバッテリーは安全にかつ従来のバッテリーよりも快適に使える優れものです。
プロフィール

もっくん

Author:もっくん
部活動  元写真部と野球部
血液型  AB型
趣味   野球,ガンダム(1st),鉄道,サバゲ,機械,自転車,ゲーム,イベント,(幕張メッセ限定),読書,写真など
当ブログでは随時、サバゲの仲間と対戦相手を募集しています。千葉県に近いところに住んでいる人で、一緒に戦いたい人は、このサイトのサバゲ日記の最新ページのコメントのところに名前と年齢、活動場所、メールアドレスを書き込んでください。待ってます。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。