スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵の掟

名探偵の掟名探偵の掟
(1996/02)
東野 圭吾

商品詳細を見る

基本的には小説を映像化するのは、脚本が捻じ曲げられてあまり好きではないのですが、これは程よい捻じ曲げ方で珍しくドラマ版のほうがいいな、映像化してよかったなと思える作品です。
原作者はガリレオシリーズで有名な東野圭吾さんです。
この小説はガリレオシリーズよりももっと前に書かれた小説で、1996年ごろにさかのぼります。
原作小説が型破りすぎたのがドラマで程よくなったのかという作品です。
まぁ11時ごろにやるドラマということでいろいろと自由にやれるとことも大きいのでしょうけどもね。
なんといってもこの小説のよさはフリーダムなところにあります。何かもういろいろと自由です。
作者もあとがきで推理小説の掟をあえてこのような形で書きたかったと書いています。
小説もドラマも自由ですから、説明しにくいですが一応概要は短編小説です。
読んでいて笑えますが、少々苦笑混じりに読むことにあるかもしれません。
読んでいて非常に楽しい作品だと思います。
一度、名探偵たちの掟を読んでみるのもいかがでしょうか。


ブロランバナー
↑短くなりましたが、これは読んでみてのお楽しみということで。読む前にクリック!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

もっくん

Author:もっくん
部活動  元写真部と野球部
血液型  AB型
趣味   野球,ガンダム(1st),鉄道,サバゲ,機械,自転車,ゲーム,イベント,(幕張メッセ限定),読書,写真など
当ブログでは随時、サバゲの仲間と対戦相手を募集しています。千葉県に近いところに住んでいる人で、一緒に戦いたい人は、このサイトのサバゲ日記の最新ページのコメントのところに名前と年齢、活動場所、メールアドレスを書き込んでください。待ってます。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。